タグ:FXT

WS000001
FuzeX FXT CEOとのAMA 10/1開催内容。こんにちは、ノリヒロです。CoinExに9/27に上場したFXTが、彼らの公式テレグラムでAMA(運営に質問大会)を開催しました。この理由は、ロードマップに予定していたFuzeXカードの配布の時期がずれ込むため、説明を兼ねつつコミュニティとの話し合いを持ちたいという運営の要望からです。どのような事が話し合われたのでしょうか。

FuzeX FXT CEOとのAMA 10/1開催内容

目次
①FXT FuzeXとは

②10/1 AMA内容

①FuzeX FXTとは

FXTについて詳細を知りたい方は、こちらの記事から確認いただけます。簡単にいうと、独自のFuzeXカードを作り、その中でクレジット、暗号通貨、デビットカードを含め合計30種類もの決済方法を行えるようにするというプロジェクトです。AMAでよく出てくる用語の簡単な解説を行います。
<BINコード>
銀行識別番号、発行者識別番号。このコードを取得しないとクレジットカードとして発行ができません。ほとんどはVISAやMasterCardなどの国際ブランドの名を借りて発行している場合が多い。今回のFXTもこの仕様です。
<カード会社>
issuerとも言う。カードを発行している会社。今回のFXTはここに当たります。
<加盟店>
マーチャントともいう。いわゆるカードが使えるお店です。

FuzeXカード発行が遅延しているのは、このBINコードの取得の承認が(VISAやMasterCardから)おりないからです。ほかのプロジェクトも同様でなかなかこの承認で苦戦しているようです。

②10/1 AMA内容

それでは内容です。
日時 10/1  11時~12時
開催 FXT公式テレグラム
回答 FXT CEO Andrew Bae氏

以下内容です。
*****************
Andrew Bae,FuzexプロジェクトのCEOです。FuzeXカードの遅延についてご迷惑をおかけしています。コミュニティと忌憚ない意見交換がしたいと思っていますが、提携先との契約(秘密保持)の関係上お話できない部分もありますのでご了承ください。
AMAを始める前に、よく質問される内容についてあらかじめお答えしておきます。

Q.提携パートナーを教えて欲しい

A.世界的決済ネットワークの中で様々な企業とコンタクトをとっていますが、契約上個別名を挙げることはできません。ご了承ください。

Q.FuzeXカードの発売遅延はわかりましたが、その後のスケジュールは?
A.ICOの初期段階からBINコード承認のため議論をしてきました。また、今年1月からはシンガポールの発行者と提携をしています。ですが現在まで承認は出ません。私たちがコントロールできない部分です。同様に類似プロジェクトも同じ場所で躓いているようです。中には9か月間も待っているプロジェクトもあるようです。BIN承認が出ましたらすぐに報告します。

Q.FuzeXカードはどこで使用可能になるのですか?
A.ターゲットはまずは、EU,アジア太平洋諸国(シンガポール、韓国、トルコ、イスラエル)になります。他国(東南アジア、US、カナダ)は現行の法律が厳しいので、次のタイミングになります。

<ここからAMA>
Q1.どうしてBTCを辞めてBCHを選んだのですか?FuzeXカードの取引は全てオフラインになりますか?
A.「BTCは現在技術的に互換性がない」と技術チームが結論づけたからです。ですが、BTCを追加する方法を現在も探しています。もし対応可能になったら、すぐにアナウンスします。

Q2.FuzeXカードは実際のマネー同様オフライン使用だと思っています。クレジットカードとして機能しますか?BINコードはクレジットカード専用だと思っていました。
A.プリペイドカードもまたBINコードが必要です。FuzeXカードは暗号通貨、ファイアット、プリペイドカードもサポートします。

Q3.いつプレICOに参加したホルダーにFuzeXカードが配布されるのですか?そして予定されている国でどのように展開するつもりですか?
A.すべてのプレICO投資家はFuzeXカードを受け取る権利があります。しかしながらカードやバウチャー(証明書)を受けとるためには、発行国、および流通国が発行者と合意するためのKYC(本人確認プロセス)を受ける必要があります。手数料は未定です。

Q4.プロジェクトの現況や遅延に関して、どうしてFuzeXチームはコミュニティや投資家と真摯に向かい合って話さないのですか?一方的にリスケして無言なのが現在のルールですか?
A.BINコードの承認が我々の手を離れてしまっている以上、我々はスケジュールを更新する事ができません。承認を心待ちにしていますが、予測よりもはるかに長い時間がかかっています。FuzeXチームは可能な限り迅速に対応できるよう努力をしています。

Q5.カードの発行スケジュールを把握したいのですが?BINが承認される可能性は何パーセントですか?
A.予測するのは難しいです。ほかの同型プロジェクトも、ロードマップを延長して苦戦しています。

Q6.買戻しのフェーズ2はもう終わりましたか?いつ詳細はわかりますか?

A.現在対応中です。終了したらアナウンスできると思います。

Q7.プレICOの段階で、既に私たちはKYCを行っています。ですが、カードを申請をするには再度KYCが必要だといわれています。最初のKYCを流用できないのですか?
A.パートナー発行者(FuzeX)の重要な義務の1つは、ユーザーの生活する国、法律に遵守したうえで確実にカードを配布することです。その国、法律に適合するKYCをする必要があります。ですので、最初に行ったKYCとは別のKYCを行う必要があります。

Q8.どうしてBTCはFuzeXと互換性がないといえるのですか?FuzeXは既に取引所でうまく機能していますがBTCブロックチェーンとは相いれないのですか?
A.言いたいことはわかります。BCHチームは、自身の決済カードの作成に非常に興味を持っていました。ですので戦略提携を行いました。下記リンクを参考にしてください。
https://medium.com/fuzex/special-announcement-02-bee4b369390c

Q9.なぜカードを発行・配布するのに制限がかかるのですか?VISAネットワーク上で動くのであれば、VISAカードに興味ある加盟店は快く受け入れるでしょう。なぜカード使用にも制限がかかるのですか?E-moneyのライセンスを取得しましたか?
A.カードの配布と使用には違いがあります。どこでカードが発行できるかには制限があります。しかしながら、カードの使用は加盟店が私たちのパートナーネットワーク上にいる限りは制限はありません。E-moneyライセンスは私たちのヨーロッパでのパートナー発行者が持っています。EU内では彼らのライセンスを使用することに同意しています。

Q10.FuzeXは、BinanceのCEO,CZへ向けて、BNBを受け入れる(決済通貨として追加する)準備があることを連絡しましたか?Binanceは上場自体は無料ですし、CZはきっとFuzeXを応援してくれるでしょう。
A。まだですね。

Q11.FuzeXはVisaのネットワークを使用し、加盟店はVisaのネットワークの一部です。先ほど言及した「加盟店はパートナー発行者のネットワーク上にいなければならない」というのはどうゆう意味ですか?
A.例えばVISAの場合では、もし加盟店がVISA取引を許可する場合、その加盟店はVISAネットワークの一部となります。

Q12.Binanceはシンガポールでの取引を急増させています。シンガポールでの上場の予定はありますか?
A.顧客が使いやすい複数の取引所を探している最中です。

Q13.ユーザーがカードなしで両替(仮想通貨⇔現金)できるポータル機能に関してはどのように考えていますか?
A.私たちは絶えずエコシステムを改善することを求めています。FuzeXはシステムリリース後も開発を辞めるつもりはありません。

Q14.なぜMAS(シンガポール金融局)のアナウンスが消されたのですか?再度のアナウンスはいつですか?(9月の中旬にMASがFuzeXのシンガポールでの立ち上げを容認したという記事のことだと想定されます)
A.暗号通貨に対する姿勢が厳しい状況下では、暗号通貨と政府機関が直接結び付くのは難しい状況です。私達が行った公式発表後、多くのホルダーがMASに詳細を求めました。結果として、私達は公表を取り消さなければなりませんでした。なぜならMASとの間に温度差があったからです。ですので再アナウンスはありません。

Q15.1か月に1回AMAを行ってくれませんか?AMAは少なくともコミュニティと開発陣をつなぐ役割になります。開発、上場等に関するニュースがあまりにも少なく、プロジェクトの現状を把握するすべがありません。
A.積極的にコミュニティと効率的に会話をする方法を探しています。AMAはその解決法の1つだと思います。

Q16.ホワイトペーパーによると、FuzeXエコシステムの1つにFuzeX Exchangeがあります。カードの発行に関わらず開発は進んでいますか?それとも止まっていますか?
A.FuzexExchangeは私達のロードマップにあります。しかしながら、まずは既存の取引所との提携を優先しており、その後で独自の取引所を展開する予定です。今のところ特別に進んでいることはありません。

Q17.(ポータル機能に関して,Q13の続き)どうして現行の計画に入っていないのですか?ユーザーがスマホ(オンライン)で暗号通貨や法定通貨をやり取りするプラットフォームはまだ必要です。暗号通貨⇔法定通貨のやり取りはBINなしでもできることです。どうしてそれをやらないのですか?

A.初期計画では、BIN付カードを作ることが第1優先です。ホワイトペーパーにもそう書いてあります。オンライン決済プラットフォームに関して現在開発を進めていますが、今のところ、既存のインフラ(既存の取引所)を使う方が現実的です。

Q18.多くの参加ユーザーがエアドロをもらえていない状況を理解していますか?スクリーンショットの間違いのような単純な問題だと思うのですが、みんなが困惑しています。
A.FXTのエアドロには一定のルールがありました。エアドロに関して質問をするユーザーの多くはルールを理解していませんでした。エアドロに関して不満を持つユーザーがいることは理解しています。

Q19.今までにBINコードを取得したカードプロジェクトを知っていますか?
いくつかのプロジェクトはVISAの承認がもらえた旨アナウンスしています。ですが、そのプロジェクトのどれもプロジェクトを完遂していません。

Q20.(ポータル機能 Q17の続き)流動性のあるプロバイダー(取引所)はどこですか?
A.アジア、EU、USに持つ予定です。ですが取引所の名前はまだ明かすことはできません。しかしながら、信頼性、トランザクションの量からも、評判の良い取引所であります。

Q21.新しい取引所への上場の予定はありますか?
A.未定ですが、決まり次第ご報告します。

Q22.プロジェクトに関するチームの士気はどうですか?やる気満々ですか、それとも楽観的ですか?
A.とてもやる気がみなぎっています。技術的にも十分準備していますし、BINコード取得が待たれています。出来る限り早くカードを届けられるよう最善を尽くします。

Q23.BINに関して発行者(VISA等)への申請期限はいつに設定していますか?
A.今のところ期限を明確にはできません。しかしながらできる限り早くプロジェクトを進められるよう最善を尽くしています。

最後に
AMAに参加していただいてありがとうございます。コミュニティの価値あるフィードバックに基づいて、FuzeXはより強固で魅力のあるプロジェクトになるでしょう。ほかの暗号通貨プロジェクトを凌駕する決済プロジェクトになるべく真摯に努めます。ありがとうございました。
*****************
ここまで

なかなか厳しい状況です。BINコード承認によるFuzeXカードの発行ができないと、先に進めないようなニュアンスでした。運営は特に進展がないためアナウンスができない、ユーザーもアナウンスがないから不安だという負の連鎖になっているようです。隔週の報告は行っていますが、ユーザーにはそれでは物足りないんでしょうね~。
こうやってAMAを持つことで、ユーザーに対しては現状の説明と一定の理解は得られたような気がします。また9月末には韓国、10月にはEUやシンガポールなどで、通信基準の適合審査が通る予定だそうです。BINコードが承認されるまでは、こうやって外堀を埋めて待つことになりそうですね。
じれったいですが、承認された場合の瞬発力はありそうですね!これからも隔週での報告はしていければと思います。
10/1~の全ルールを解説しています!
CoinEx ルール解説 10/1対応最新板 (CETロックマイニング・長期配当・VIPなど網羅)

10/1からの長期配当も注目!新規登録はいかがですか

CoinExはこちらから登録できます 

CoinEX 9/28速報 CET堅調に推移 FXT上場 久々に取引高増 。こんにちは、ノリヒロです。BCH CETのおかげで全体的に取引高が上がっています。

①CoinEx予測&実績

WS000002
WS000006
WS000001

9/28 7:00時点(前日比)
配当率 予測 0.17%(0.01↑)

マイニング 961万CET(30万CET↑)
Difficulty予測    4.49CET/時

ロック 25.79億CET(同値)


取引マイニング量が増加予定。CETは堅調に推移、BCHは緩やかに上昇中です。7月ごろはBCHとCETが一緒に上がる事はまれで仲が悪かったんですが、ここに来て連動し始めています。CoinExにとっては朗報ですね~。
ロックは前日と同値となりました。マイニング量が1000万いかないところからすると、マイニングユーザーが減って来ているのは事実ですかね~。10/1までに大幅に下がらないことを祈ります。

WS000009
9/28  12:00更新
配当率 0.16%
マイニング 989万CET
想定よりマイニング量は多かったですね!

②配布通貨

配当通貨は4種類。BCH,BTC,USDT,CETでの配当となりました。

③24h取引量、取引所別順位、イベント

WS000004
WS000005

CoinMarketCap24h取引量(前日比較
順位 16位(5位アップ)
取引量 $2.17億(0.53億↑)
CETの取引量    $0.25億(0.04億↑)


◆取引高TOPランカーは微減の中、CoinExは前日比約40%の激増となりました。要因はBCH/USDT(前日比60%アップ)やBTC/BCH、BTC/USDT(前日比35%アップ)が挙げられます。全体的に取引高増で、活発です。好材料ですね~。
通貨別ではLTCペア、匿名通貨(Dash,Monero,Zvash)がいつものようにランクイン。SoPayは全ペア上昇、LFT/BCHが上がってきたのも注目です。

WS000003

vote2

◆次に上場投票状況です
第2審査待ちの通貨は16種類。前日と変わりはありません。

◆FXT 9/27 12:00上場
WS000007

無事9/27 12時に上場となりました。ほかの取引所ではETHペアの取引が活発なので、CoinExでもそうなっていますね~。FXTってどんな通貨なの?としりたいあなた、こちらから確認できますよ~
CoinEx FXT FuzeX 9月27日上場 万能カードプロジェクト 買戻しも


◆10/1~の新ルール解説をアップしました
まだ暫定版ですが、10/1以降のルールを纏めて記事にしました。ある程度の概略だけでも知っておけば取引に有利になりますね~。
CoinEx ルール解説 10/1対応最新板 (CETロックマイニング・長期配当・VIPなど網羅)


9/28はFXT取引高コンペです。BCH、CETともいい流れで来ています。ルール改定の詳細を出すとしたら…このタイミングではないですかね。運営殿、このタイミングを逃さずユーザーの心をつかんでください!


10/1からの長期配当も注目!新規登録はいかがですか

CoinExはこちらから登録できます


CoinEX 9/27速報 CET暴騰 FXT上場予定…。こんにちは、ノリヒロです。CETが急騰しています。

①CoinEx予測&実績

WS000001
WS000002
WS000006

9/27 7:00時点(前日比)
配当率 予測 0.16%(0.02↓)

マイニング 927万CET(60万CET↓)
Difficulty予測    4.33CET/時

ロック 25.79億CET(200万↑)


深夜にCETが急騰しています。同じタイミングでBCHも急騰しています。BCHはBitmainがIPOに資料提出という材料があるようですが、つられた形での上昇というのが急騰の理由のようです。
それにしても1時間で3400(BCHペア)⇒6300と約2倍の急騰。見ているほうが心配になるほどの上昇っぷりでした。現在は落ち着いて5000前後で推移しています。このまま我慢できれば、底上げになった形になりますね~。元気だった7月前半でもこれだけの伸びはなかったのでは。本日の動向には要注目です。

13:00更新
WS000009
配当率 0.16%
マイニング 932万CET
Difficulty  4.32CET/時


CETで盛り上がったもののマイニングは932万と低い値。マイニングをするユーザーが少なくなってきているんでしょうね~。

②配布通貨

本日は5種類での配当となりました。BCH,BTC,CET,ETH,USDTとなります。

③24h取引量、取引所別順位、イベント

WS000004
WS000005

CoinMarketCap24h取引量(前日比較
順位 21位(7位アップ)
取引量 $1.64億(0.42億↑)
CETの取引量    $0.21億(0.1億↑)


◆取引高TOPランカーは約10%上昇の中、CoinExも健闘してランクを21位まで上げました。CETの取引高が約50%アップも見逃せませんね~。特にCET/BTCペアは前日比400%。量は少ないですがこれは驚きです。
通貨別では、恒例の匿名通貨たち(Zcash,Dash,MOnero)がランクイン。22位のHydro/BTCも光っています

WS000003

vote2

◆次に上場投票状況です
第2審査待ちの通貨は16種類。FXT上場決定で1枠減った形となります。

◆FXT 9/27 12:00上場決定
なんとか無事上場が決定しました。CET保有者へのスナップショットは9/27  9:00です。忘れずにもらっておきましょう。
FXTってどんな通貨なの?としりたいあなた、こちらから確認できますよ~
CoinEx FXT FuzeX 9月27日上場 万能カードプロジェクト 買戻しも


◆取引マイニング終了⇒CETロックマイニングへ、配当方法も変更へ
当初はあと300日以上は続く想定であった取引マイニングが急遽「CETロックマイニング」に変更となり、事実上終了となります。それに伴い配当方法にも変更が生じる予定です。どちらとも切替のタイミングは10/1です。詳細に関しては専用の記事をアップしていますのでこちらで確認いただけます。なお、10/1のバーンはおそらくは予定通り行われると思われます。最後のバーンになってしまうのか。この点も注目です。

CoinEx 取引マイニングからロックマイニングへ 10/1に改定 配当方法も変更あり



9/26はFXT上場&取引高コンペです。CET&BCH急騰で、CoinExへの関心が戻ってきたタイミングでのFXT上場。取引高につなげて欲しいですね~。そしてCETの急騰後の推移も気になりますね。BCHはしっかり地固めといった感じでしょうか。本日は盛り上がりそうです~。


最新のルールを確認したいあなたへ!
CoinEx ルール解説 最新版 (マイニング、ロック、配当、上場、マーケットメーカーなど)一挙まとめ


アプリ版KYC&顔認証、新規登録はいかがですか

CoinExはこちらから登録できます


WS000001
正式アナウンスがないまま6日間、ようやくFXT FuzeXの上場が決定しました。こんにちは、ノリヒロです。既に認知度のある通貨ですが、ご紹介します。

CoinEx FXT FuzeX 9月27日上場

目次
①概要

②どんな通貨?ビジネスモデルは?

③上場情報

①概要

名前 FuzeX
シンボル FXT
タイプ ERC20トークン
発行量 10.8億(ホワイトペーパー時、端数は表示していません)
流通量 7.3億

タイプはERC20トークンです。
公式HP:https://fuzex.co/

公式Twitter:https://twitter.com/FuzeX_co


公式テレグラム:https://t.me/FuzeX

公式HPにはホワイトペーパー(英・中)のほかに、内容を要約したワンペーパー(日本語もあります)があります。ワンペーパーは、英語とそれ以外では内容が違います…。

WS000014
WS000015
また、SNSはテレグラムがメイン(28000ユーザー)でしょうか。CoinExの運営(Ying chen氏、Sheri氏)もFXTテレグラムに参加して盛り上げています。地道な活動素晴らしいです。

10.8億の割当
プライベートセール   60% 6.48億
アドバイザー・提携企業   5% 0.54億
報酬・寄付         5% 0.54億
技術習得        15%    1.62億
財団・従業員      15% 1.62億


セール販売6.48億の用途
Fuzex Card      調査開発  5%
            プロダクツ 20%
          提携関係  10%
Fuzex App        開発(App,IOS) 5%
Fuzex Exchange   セキュリティ 5%
インフラ     Exchange開発 20%
         為替     10%
マーケティング         10%
監査              5%
ライセンス           5%

プライベートセールへの割り当てが多いが特徴ですね。

WS000017
Fuzex Cardは25ETH以上の購入者に先行で配布されています。また、要望があればブランド名をカードの右上に入れることもできたようですね~。

②どんな通貨?ビジネスモデルは?

すでにいろんなサイトで説明がされていますので簡単に。FuzeXは決済に特化した通貨です。クレジットカード、デビットカード、暗号通貨決済など複数の決済方法を1つのカードにまとめ、Fuzexエコシステムを目指すプロジェクトで、「Fuzex Card」「Fuzex App」「Fuzex Exchange 」の3つの要素から成り立っています。

①FuZex Card
WS000005
WS000004
店頭で決済する際に実際に使用するカードです。クレジット、デビット、複数の暗号通貨など合計30の決済をこのカードでする事ができます。右下の3つのボタンで決済選択。また、ID管理やログイン認証もボタンで行えるなど、セキュリティもばっちりです。基本的にはオフラインで使用できるので、コールドウォレットに近い安全性を持ったデビットカードという事ができますね。構造も複雑で見た目より厚そうなんですが、スキャニングの機械は通るんですね。

②Fuzex App
WS000006
次はFuzex Appです。ウォレットの機能を持っており、無線でカードと同期をして使用します。カードへの指示はこのAppメインとなります。ログイン認証もあり、カードとセットでないと使えない仕様でこれまたセキュリティもばっちりです。実際にカードへ送金している動画で確認ができますが、非常に速いですね~。


③Fuzex Exchange
WS000007
実際に通貨を保管しておく取引所(Fuzexが準備したプラットフォーム・Web上)です。ここで保管している通貨をFuzeX Appを使用してFuzeX Cardに同期して使用するイメージになります。通貨は暗号通貨、USDなどなど登録があれば何でもOKです。また後述するFXT(Fuzex Token)をブリッジ通貨として使用することで、JPY(実際に保有する通貨)⇒FXTでブリッジ⇒USD(支払い通貨)として支払いなんてことも可能になります。

決済している様子のサンプル動画1つ目です。

WS000008
右側の黒いスマホが「Fuzex app」、左側の白いスマホが「Fuzex Exchange」として使用しています。


次は実際にマクドナルドで使用する例です。これはFuzex CardでDashを決済で使用している例でしょうか?それともクレジット?ちょっとわかりにくいですが、Fuzex Cardが実際使用されています。

次に、FXT Fuzex Token の使用用途です。
①短期
・Fuzex cardの購入
・ID管理としての年会費
・トランザクション手数料

②長期(Fuzex exchange開始後は)
ブリッジ通貨として
エコシステム上で様々なサービスを受けられる

現状はまだ①のようです。


WS000009
ロードマップです。現在は2018Q3。Fuzex AppとCardの商業利用開始や対応通貨を増やしている状況です。7月にはBCHも対応通貨として追加する旨が発表されています。今回の上場は、もちろんこの件も関わっていそうですね。

2週間に1回の割合で「プロジェクトアップデート」をリリースしており、期間での進捗を確認できます。

WS000011
7/31には第1回買戻しも行っています。金額にして2200ETH(約2315万FXT)。この分は一定期間ロックされるとのことですがバーンではないようです。第2回も行われるとのことですが、短期的な投資を防ぐために、詳細は事後報告になるということです。

③上場情報

WS000010
既に多数の取引所に上場していますが、メインはCoinBene(取引所ランク36位)とCobinhood(ランク92位)になります。いづれも取引量ではCoinExよりも下の取引所となります。CoinEx上場で取引高を上げることはできるのか、CoinExは活かすことができるのか。注目ですね~。

上場は9/27 12時、BTC,BCH,ETHペアになります。また、10000CET以上保有者にはエアドロがありますので、保有者の方は忘れずにもらっておきましょう!!


CoinExの現在のルールはこちらから!
CoinEx ルール解説 最新版 (マイニング、ロック、配当、上場、マーケットメーカーなど)一挙まとめ


アプリ版KYC&顔認証、新規登録はいかがですか

CoinExはこちらから登録できます


CoinEX CET 9/26速報 FXT上場の予定だが…。こんにちは、ノリヒロです。FXT公式によれば、本日上場の予定ですが未だアナウンスはありません。

①CoinEx予測&実績

WS000002
WS000001

9/26 7:00時点(前日比)
配当率 予測 0.18%(0.03↑)

マイニング 957万CET(27万CET↓)
Difficulty予測    4.13CET/時

ロック 25.72億CET(1200万↓)

マイニング量は957万CET、配当率はCETが低調のため0.18%と相対的にあがる予定です。ロックは1200万増。ここに来てまた増えてきましたね~。

WS000006
CETは一進一退の攻防が展開中です。3500(BCHペア)の壁が厚くなって現在1200万CET。以降3000まで合計で2000万CETが控えています。4000付近まで一時回復したものの、そこから踏ん張れないのが今の弱いところ。少しでも底上げしている姿を見せて欲しいですね~。

9/26 11:00更新
WS000001
配当率 0.18%
マイニング 985万CET
BasicDifficulty    4.02CET/時


②配布通貨

配当は4種類。BTC,BCH,CET,USDTでの配当となりました。

③24h取引量、取引所別順位、イベント

WS000004
WS000005

CoinMarketCap24h取引量(前日比較
順位 28位(6位ダウン)
取引量 $1.22億(0.11億↓)
CETの取引量    $0.11億(0.01億↓)


◆取引高TOPランカーは約28%増の中、CoinExは取引量を落としてランキングは28位。Fcoinに抜かれてしまいました…。BCH,BTC,ETHなど主要アルトの取引量が軒並み減っているのが原因です。TOP10~25までの取引量は増えているのが好材料ですね。CETは0.11億取引量を落としています。
通貨別では、困った時の匿名通貨。ウワサでは、ZaifでハックされたBTCを使ってBinanceで匿名通貨を買って資金洗浄しているとか。この影響もあるかもしれません。SOPAYは健闘しっぱなしですね~。

WS000003

vote2

◆次に上場投票状況です
第2審査待ちの通貨は17種類。前日と変わりはありません。CoinExからのFXTの正式上場アナウンスはまだありません。9/26は今日ですね。フライングしてアナウンスしたのがペナルティを受けていなければいいのですが…。ちなみにBinanceは上場の際にフライングをすると(公平ではないため)、ペナルティがあります。最悪は上場取り消しとなるようです…。CoinExはそんなことはないとは思うのですが。


◆取引マイニング終了⇒CETロックマイニングへ、配当方法も変更へ
当初はあと300日以上は続く想定であった取引マイニングが急遽「CETロックマイニング」に変更となり、事実上終了となります。それに伴い配当方法にも変更が生じる予定です。どちらとも切替のタイミングは10/1です。詳細に関しては専用の記事をアップしていますのでこちらで確認いただけます。なお、10/1のバーンはおそらくは予定通り行われると思われます。最後のバーンになってしまうのか。この点も注目です。

CoinEx 取引マイニングからロックマイニングへ 10/1に改定 配当方法も変更あり



9/26はULTのコンペ最終日(9/26 12時)です。FXTの上場アナウンスはあるのか?あるとしたら午前中でしょうか。午前中アナウンス⇒CET保有者のスクリーンショット⇒21時取引開始というのが、通常の流れになります。


最新のルールを確認したいあなたへ!
CoinEx ルール解説 最新版 (マイニング、ロック、配当、上場、マーケットメーカーなど)一挙まとめ


アプリ版KYC&顔認証、新規登録はいかがですか

CoinExはこちらから登録できます


↑このページのトップヘ