タグ:CoinEx

CoinEX 10/21速報 CET5000割れ EXTRA突然の上場廃止。こんにちはノリヒロです。EXTRAが上場後2週間で上場廃止という突然のアナウンスがありました。

①CoinEx予測&実績

WS000007
WS000008
WS000009
WS000006

7:00時点
指値マイニング 100万CET
ロックマイニング 100万CET
招待報酬 44,635CET
ロック数 31.4億(220万↓)

マイニング報酬 3.70CET/1万CET

全体的に前日と同じ数値…と思いきや、注目していただきたいのはロック数量。マイニング対象である純粋なロック数(表で言うロックA)が約1億6000万CETも減っていまが全体では前日とほぼ変わっていません。OTC、機関パートナー、BTUロック分(特別アカウントとします)が同値で増えているという事になりますね。
考えられるのは、ロックアカウントと特別アカウントの出し入れが行われているということ。OTCはロックの規模が小さい(5万/1ユーザー)ので論外として、機関パートナー(500万以上のロック)かBTU分(2億)か。可能性としてはBTU分の2億が数字的には近いです。
この意味するところは、機関パートナーであれば長期配当を見越しての移動(ただまだ少し早い)、BTUであればロックマイニングへの参加(2億であれば1日で約7万CETが報酬として付与されます)になります。あくまで推測ですが、このような動きが行われている可能性があることは頭に入れておきたいですね。
CETは踏ん張りたかった5000(BCHペア)を割ってしまい4600台へ。直近の最安は9月24日付近の3400です。ただ、9月はここから急激に回復して8000まで急上昇しています。状況は違えど同じ推移になるのか?注目です。
VIATも相変わらず厳しいですね。1.0(CETペア)を割り0.93付近を推移しています。そろそろ使用目的の詳細を出して欲しいところですね。注目されているうちが華…無視されたら回復できません(笑。

②24h取引量、取引所別順位、イベント

WS000011
WS000012
WS000013

CoinMarketCap24h取引量(前日比較
順位 35位(2ランク↑)
取引量 $0.67億(300万↑)
CETの取引量    $110万(15万↓)

市場全体が低迷中の中、CoinExは奮闘しています。300万$取引量を増やして2ランクアップ、35位まで来ました。注目はETHの取引が上昇しているところですね~。ETH/BTCペアがトップを取るのは記事を書き始めた7/1から考えても数回しかないのでは?BCH基軸の取引所ですから、BCHの取引量も頑張って欲しいところですね。
通貨別では、NOBS、Cortex、HYDROなどが上がって来ました。NOBSは再浮上した形となります。HYDROは底固めは十分、あとはいつ上がってもおかしくはないですね~。

WS000010

WS000009

◆上場投票制度終了のお知らせ
第2審査待ちの通貨は10種類。投票終了、最終の第2審査が現在行われています。


◆コンバート機能実装・アプリ日本語対応開始

WS000007
Binance等では既に実装されているコンバート機能がついにCoinExにも実装されました!端数はそのまま放置が基本でしたので、まとめてCETにできるのは嬉しいですね!注意は1回コンバートすると次回は24時間後だということ、手数料が5%かかるということです。
CoinExはマンスリーレポートを月一で出しており、その中で次月の目標を作っています。10月の目標は4つでしたが、今回のコンバート機能は3つ目(Trade Coins into CET in one click)ですね~。2つ目の「Contract in Exchange」の意味がよくわかりませんが、おそらくこれはVIATのことでしょうか。とすると、残りまだ対応していないのはインドネシア語対応ということになります。

◆EXTRA 突然の上場廃止
WS000001
10/5に上場したばかりのEXTRAが、10/20の21時に上場廃止となりました。上場後2週間で、しかもアナウンスから3時間後に取引板停止とは前代未聞の展開となっています。
EXTRA運営も寝耳に水のようで困惑しており、CoinExへの確認を行っているのが現状です。原因は今のところわかっていません。
現在CoinEx運営に関して、詳細を説明して欲しい旨問合せはしていますが…回答なし。取引板停止が急であったことから苦渋の決断だったことはわかりますが、ユーザー保護の観点からしても何かしらのアナウンスは必要でしょうね。
EXTRAはERC20トークンなので、マイイーサやメタマスクなどに移動するしか現在は方法がありません。ほかに上場している取引所はないので…。気になるのは、HPのアクセスが極端に重い(アクセスできてもすぐにリダイレクトで返されて繋がらない)こと。上場当時からこの現象はありましたが、惨くなってます。EXTRA運営もこのあたりは修正しておかないと、ユーザーにいらぬ心配をかける形となりますね。今後の展開もわかり次第お伝えします。



10/21のイベントは、USDCコンペ(マーケット解禁による入金コンペ)です。
市場が低迷している今だからこそ、しっかりとした施策でユーザーを獲得、マーケットを広げて欲しいです。まだまだやることは沢山ありますよ、運営殿!もっとテンション上がる記事をかきたいのじゃよ!!

10/1~の全ルールを解説しています!
CoinEx ルール解説 10/1対応最新板 (CETロックマイニング・長期配当・VIPなど網羅)


10/1からの長期配当も注目!新規登録はいかがですか

CoinExはこちらから登録できます 

CoinEX 10/20速報 CET ようやく底か? BCHは上昇中。こんにちはノリヒロです。CETが相変わらず厳しい状況です。BCHがゆっくり上昇しています。いろいろ出回ったウワサですが、公式からの回答で沈静化しています。

①CoinEx予測&実績

WS000002
WS000003
WS000004
WS000001

7:00時点
指値マイニング 100万CET
ロックマイニング 100万CET
招待報酬 56.692CET
ロック数 31.4億(730万↓)

マイニング報酬 3.50CET/1万CET

招待報酬用のCET配布量は落ち着いて、50,000台まで戻りました。取引量が少しずつ落ちている証拠でしょうか。ロック数量は全体で730万減。ロックマイニング対象分が2000万増、それ以外(OTC、機関パートナー、BTUロック分)が約3000万減となります。第1弾アクセレーターだったBTU、その後目立った活動がないですが…ロックした(と思われる分)はどうなってるんですかね~気になります。
CETの価格は一時期4000台(BCHペア)まで落ちたものの持ち直して5200台となっています。5000台はキープして欲しいところですね。BCHは久々の上昇。ハードフォークが迫っているようですが、CETの価格に関係してくるのは間違いないと思いますので、気にしておきたいところです。

②24h取引量、取引所別順位、イベント

WS000006
WS000007
WS000008

CoinMarketCap24h取引量(前日比較
順位 37位(3ランク↑)
取引量 $0.64億(同)
CETの取引量    $125万(20万↓)


◆TOP10常連のBInanceは現在戦略コンペを開催中です。
取引高によるコンペではなく、実益で勝負というのは面白いですね!ただ運営側は管理が大変そうですので(偽装売買はコンペの対象外。見抜くのが難しいしカスタマーサービスも混雑すると思われる)、そう簡単にはイベントは打てないと思いますが…さすがですね~。CoinExもまねて欲しいところです。われらCoinExは、取引量はほぼ横ばいも3ランク上げて37位となっています。
通貨別では、匿名通貨(ZCash,Dash,Monero)が堅調に推移しています。Moneroは数日前にアップデート(BulletProofにしてトランザクション改善)をしたのですが…思ったより買われていませんね~。また50位内にETHペアが目立ってきました!これは嬉しいですね。SoPay、CNN、CARD、SEERなど。特にCNNとSEERは価格の上昇率も20%超と健闘しています。



WS000005

WS000009

◆上場投票制度終了のお知らせ
第2審査待ちの通貨は10種類。投票終了、最終の第2審査が現在行われています。


◆コンバート機能実装・アプリ日本語対応開始

WS000007
Binance等では既に実装されているコンバート機能がついにCoinExにも実装されました!端数はそのまま放置が基本でしたので、まとめてCETにできるのは嬉しいですね!注意は1回コンバートすると次回は24時間後だということ、手数料が5%かかるということです。
CoinExはマンスリーレポートを月一で出しており、その中で次月の目標を作っています。10月の目標は4つでしたが、今回のコンバート機能は3つ目(Trade Coins into CET in one click)ですね~。2つ目の「Contract in Exchange」の意味がよくわかりませんが、おそらくこれはVIATのことでしょうか。とすると、残りまだ対応していないのはインドネシア語対応ということになります。

◆いろいろ噂ありましたが…運営からの回答でひと段落です
数日前から「CoinExが危ない」等のウワサが流れていましたが、運営からの回答でFUDという事がほぼ判明しました。安心しました~。長期配当視野のCETかき集めのために価格を落とした…という説が濃厚ですが。なお、ソース元は確認できていません…。こういった類の情報は、妄信せず、しっかりと調査してから、自分で判断したいですね。


10/20のイベントは、USDCコンペ(マーケット解禁による入金コンペ)です。
相変わらず情報少ないCoinEx…。Binanceは取引量強化&知名度をさらに上げるべく次なる手を打ってきています。まけてられませんよ~運営殿。

10/1~の全ルールを解説しています!
CoinEx ルール解説 10/1対応最新板 (CETロックマイニング・長期配当・VIPなど網羅)


10/1からの長期配当も注目!新規登録はいかがですか

CoinExはこちらから登録できます 

CoinEX 10/19速報 CET VIAT 厳しい状況続く 何か打開点はあるのか。こんにちはノリヒロです。CET VIATとも大幅下落となっています…。

①CoinEx予測&実績

WS000002
WS000003
WS000004
WS000001

7:00時点
指値マイニング 100万CET
ロックマイニング 100万CET
招待報酬 67,063CET
ロック数 31.5億(600万↑)

マイニング報酬 3.52CET/1万CET

ここ数日間は平均的な数字が続いています。特にイベントもなければこの付近に落ち着く感じです。ロック数は600万ふえて31.5億となりましたが、増加分はOTC、機関パートナーなど純粋ロック以外のところから。実際の純粋ロック分は2800万減っています。
CET VIAT とも18:00以降大幅な下落をしています。CETに関しては6000台(BCHペア)を割り込み5300台へ。5000台は9月末の新ルールが始まる前以来となります。VIATに関してもCETにお付き合いする形になりました。USDCペアは板が薄い為、ツイートのように一瞬80%強もダウンしているというとんでもないチャートになりました。ちょっとびっくりしますね。市場全体の低迷もありますが、何か打開策が欲しいところ。う~ん、あるかな~?

②24h取引量、取引所別順位、イベント

WS000006
WS000007
WS000008

CoinMarketCap24h取引量(前日比較
順位 40位(4ランク↓)
取引量 $0.64億(0.06億↓)
CETの取引量    $145万(100万↑)


◆TOP10常連のBInanceはヨコヨコの展開の中、CoinExは4ランク落としての40位となりました。CETは大量の売りのが入り価格は下落していますが、取引量は約2.5倍の100万$増えるという裏腹な状況となっています…。どうせなら価格上昇して取引量も上がって欲しいですね。
個別通貨では、EOS、NEOなどプラットフォーム系の通貨が上昇しています。
WS000009

17日の主役だったNOBSは落ち着いてこの位置にいます。本日開催されるマーズ会議でNOBSのCEOが何か発言をする可能性があるということで、注目されています。会議は19日の朝~お昼にかけて。ここで何か発言があればまた上がるのか?それとも何事もなく戻ってしまうのか?本日も注目です。NOBSって?というあなた、こちらもどうぞ!
WS000005

WS000009

◆上場投票制度終了のお知らせ
第2審査待ちの通貨は10種類。本日で上場投票は終了となります。投票は既に終了となっており、第2審査が出るのが今日ですね。わずか3か月ではありましたが…皆様、投票ありがとうございました。上場できなかった通貨への投票CETは返却となります。


◆SoPay/USDTペア追加
WS000012
比較的取引量はあるようです。他取引所のCryptopiaでは、ある程度取引量がないとUSDTペア解禁にはならないのですが、CoinExの基準はどうなっているのでしょうかね~。ともあれペアが増えるのは嬉しいですね。


◆コンバート機能実装・アプリ日本語対応開始

WS000007
Binance等では既に実装されているコンバート機能がついにCoinExにも実装されました!端数はそのまま放置が基本でしたので、まとめてCETにできるのは嬉しいですね!注意は1回コンバートすると次回は24時間後だということ、手数料が5%かかるということです。
CoinExはマンスリーレポートを月一で出しており、その中で次月の目標を作っています。10月の目標は4つでしたが、今回のコンバート機能は3つ目(Trade Coins into CET in one click)ですね~。2つ目の「Contract in Exchange」の意味がよくわかりませんが、おそらくこれはVIATのことでしょうか。とすると、残りまだ対応していないのはインドネシア語対応ということになります。

◆10月度公式アンバサダーノリヒロ、ようやくCoinExにフォローされる!

APPの日本語対応開始に合わせて、日本人アンバサダーもCoinExにようやくフォローされました!もっと早くても良かったと思いますが。Dr.K氏、こより氏、じょか氏もフォローされているようですね。何はともあれ、もう少しアンバサダー特典が欲しいぞ(笑。


10/19のイベントは、USDCコンペ(マーケット解禁による入金コンペ)です。
市場も含め、全体的に下落ムードは続いています。コンペ含め材料が欲しいところですね。同様にViaBTCもVIATの方向性を早く示してユーザーを安心させていただきたい。モチベーションを保つのにも限界があるってもんだよ…とユーザーの代弁をして締めくくりたいと思います。

10/1~の全ルールを解説しています!
CoinEx ルール解説 10/1対応最新板 (CETロックマイニング・長期配当・VIPなど網羅)


10/1からの長期配当も注目!新規登録はいかがですか

CoinExはこちらから登録できます 

WS000001
Hydrogen Technology Corporationが設立されてから、間もなく1年が経過しようとしています。たくさんの成果がこの短期間に生まれてきました。構成人数も多くなり、多数のタスクが同時に存在しています。そこで1つの区切りとして、内部改変が行われます。

HYDRO HCDPをDAsに委譲しての内部変更 その詳細は

WS000002
そもそもHydrogenPlatformはatom(フィンテックアプリ)、hydro(ブロックチェーンを使用した金融ソリューション)、ION(AI)の3分野から成り立っています。現在一番盛んに開発が行われているのがHydro(ブロックチェーン)です。なぜならば、このHydroがもとになってatom,Ionへの展開が図られるからです。そして、コミュニティとの議論の場(技術・非技術、3分野問わず)としてHydroCommunityが存在しています。また、HCDP(Hydro Coommunity Development Program:Hydro(ブロックチェーン)開発に特化したプロジェクト)を設定し、開発提案、管理、募集を行っています。そしてその管理も本部のHydrogenメンバーが行っています。


HydrogenPlatform(本家)のサイト(SNS)
HP:https://www.hydrogenplatform.com/

Twitter:https://twitter.com/HydrogenAPI

Github:https://github.com/hydrogen-dev


Hydro Communityのサイト(SNS)
Twitter:https://twitter.com/HydroCommunity

Github:https://github.com/HydroCommunity

共通SNS
Discord:https://discordapp.com/invite/9sUxux9

テレグラム:https://t.me/projecthydro

DAs用SNS:https://twitter.com/HydroAmbassador

CommunityにはCEOのMIKE氏はじめ多くのコアメンバーが議論に参加し、タスクを実行してきました。7月にはDAs(公式アンバサダープログラム)がローンチされ、現在15名のアンバサダーが活躍しています。プロジェクトとしてはこの形は正しい形だと思われますが、Hydrogenが企業として成功するためには企業外、コミュニティ外でのアピールも強化していかなければなりません。

そこで、現在の開発の主流であるHCDPの権限をDAs(アンバサダー)に委譲し運営、管理させることで、両方向での発展を加速させることとしました。コミュニティへの権限移譲は非常に珍しいケースと、アナウンスでも述べられています。具体的には下記の対応を予定しています。

<Hydro Community側(ブロックチェーン開発側)>

①DAs内でのガバナンス構築(役割・役職)
対応する業務によって役職が付与されます。
例)
開発者
UIデザイナー
セールス
SNS管理
ライター・ブロガー
プロダクトマネージャー
エバンジェリスト
取引所対応 など

②HydroCommunity専用Webサイト新設
これまでは本家サイトで兼用してきましたが、今後はHydroCommunity用の専用サイトが開設され、情報やガイド、DAsのプロフィールなどが公開、運営されていくことになります。

③HCDPは?
専用になる事でさらなるタスク追加、管理が可能となります。基本的には開発者の仕事となりますが、ユーザーも含めみんなが提案できるようになるでしょう。

④取引所上場対応
様々なメディアに影響を与える部署です。コミュニティの多くのユーザーが興味があるところだと思います。現在引継ぎを行っており、DAsが直接多くの取引所と交渉できるようになるでしょう。

⑤SNS
現在たくさんのユーザーがプロジェクトに参加できる方法を検討中です。もしかしたらコンペやインセンティブがあるかもしれません。

⑥Scam対応
現在Hydroに関して多くのScamが報告されています。
WS000003
再度注意喚起です。
①プライベートキーは誰が相手でも知らせてはいけません
②Hydro関係のサイトにアクセスする際はアドレスは必ず確認してください
③Hydroのエアードロップはありません。エアドロを謳う行為は詐欺です
④MetaMaskは最低限使ってください
⑤公式サイト、公式SNSであるかの確認は絶えず行ってください
⑥Webサイトのアドレスは必ず確認してください
⑦公式のウォレットはまだありません
⑧ヴィタリック氏、CZ氏など著名人はETHをエアドロしません
⑨2FAを使用してください


<Hydrogen Platform(本家)側>
①SNSやGithhubは、将来必要となるようなタスク(Atom,AI,モバイル開発など)のアナウンスへと順次移行する。今後のHCDPは、DAsが管理するHydrogenCommunityのGithubから発信される。

②移行第1弾はHCDPの委譲で終了。第2弾は開発用アドレスにあるHydroトークン10億を、HCDPトークンアドレスに移行させること。現在開発中。セキュリティの為、ウォレットの管理は1名では行わず、1日のトークン送金には制限をつける予定。

③HCDPプログラムは、DAs中心に管理されるが、誰でもHCDPに提案できうる仕様は変わらない


コアチームはブロックチェーン以外の展開に注力、ブロックチェーン絡みのHCDPはDAsに任せるという事になります。Binanceで例えるなら、Hydrogen CommunityはBinance Labsのような役割になるでしょうか。
現在のTwitterの配信はメインはHydrogenapi(本家)ですが、今後ブロックチェーン関係(Raindrop,Snowflake,Ice,mist,Tide,Hail)に関してはHydrogen Communityがメインになって発進していくことになるかもしれません。Hydro Ambassadorアカウントも併用していくとすれば、Communityが技術関係、Ambassodor はコマース関係ということになるかもしれませんね。

アナウンスは若干とっちらかっていた感のあるSNS関係。ここが少し残念なHydroでしたが、これである程度は情報は纏められますね。CEO Mike氏が出てくる機会が少なくなるのは寂しいですが…今後の展開にも要注目です!!

10/1~の全ルールを解説しています!
CoinEx ルール解説 10/1対応最新板 (CETロックマイニング・長期配当・VIPなど網羅)

10/1からの長期配当も注目!新規登録はいかがですか

CoinExはこちらから登録できます 



CoinEX 10/18速報 USDCペアに4通貨追加 SoPay/USDTペア追加 NOBS急上昇 。こんにちはノリヒロです。USDCペアに4通貨がひっそりと追加になっていました。いつからだろう‥。

①CoinEx予測&実績

WS000002
WS000003
WS000004
WS000001

7:00時点
指値マイニング 100万CET
ロックマイニング 100万CET
招待報酬 69,192CET
ロック数 31.4億(29万↓)

マイニング報酬 3.49CET/1万CET

数字だけ見れば、全体的に落ち着いた1日となりました。ロック数は前日とほぼ同値。解除する側とロックする側が均衡しています。
CETの価格は乱高下。6000(BCHペア)までおちたかと思えば急上昇して6300付近を推移しています。6000台はキープして欲しいところです。VIATは…チャートが汚いなあと(苦笑。板が薄いとこうなりがちですが、何とかアクセレーター価格である1.0CET/VIATは死守して欲しいですね。あわよくば上がって~。

②24h取引量、取引所別順位、イベント

WS000006
WS000007
WS000008

CoinMarketCap24h取引量(前日比較
順位 36位(1ランク↑)
取引量 $0.70億(0.08億↑)
CETの取引量    $45万(同)


◆TOP10常連のBInanceは前日比約20%増、CoinExも取引高を少しだけ上げて1ランクアップの36位になりました。9位にUSDC/USDTが初ランクインしていますね~。
通貨別では、なんといっても主役はNOBSですね。
WS000009
総発行量100億のうち75%バーンが未明に発表されるやいなや急上昇。なんと1日で最大160%アップになってしまいました。そもそも取引量がそんなにある通貨ではなかったので、板が薄かったのも手伝った形ですね~。少し落ち着きましたが、それでも120%アップを推移しています。最近の低迷相場では珍しい光景で、TwitterもNOBSの話題でもちきりでした。CoinExをもっと宣伝しとけばよかったなあ~。さらに、本日開催されるマーズ会議でNOBSのCEOが何か発言をする可能性があるということで、注目されています。NOBSって?というあなた、こちらもどうぞ!
WS000005

WS000009

◆上場投票制度終了のお知らせ
第2審査待ちの通貨は10種類。本日で上場投票は終了となります。投票は既に終了となっており、第2審査が出るのが今日ですね。わずか3か月ではありましたが…皆様、投票ありがとうございました。上場できなかった通貨への投票CETは返却となります。


◆USDCマーケットに4ペア追加
WS000010
20時ごろ確認したら、DASH、EOS、ETC、XRPがしれっとUSDCペアに追加になってました。確認が遅かっただけで、もっと早くから追加になっていたんですかね~。せっかくいいニュースなんだから、大々的にアナウンスしてもいいのになぁと思うのですが。少なくとも10/17の朝8時時点ではなかったんだけども。とはいえ、上場した通貨、XRP以外取引がないんですが…何か制限でもしてますか?いつ上場したのか、詳細求む。

◆SoPay/USDTペア追加
WS000012
比較的取引量はあるようです。他取引所のCryptopiaでは、ある程度取引量がないとUSDTペア解禁にはならないのですが、CoinExの基準はどうなっているのでしょうかね~。ともあれペアが増えるのは嬉しいですね。


◆コンバート機能実装・アプリ日本語対応開始

WS000007
Binance等では既に実装されているコンバート機能がついにCoinExにも実装されました!端数はそのまま放置が基本でしたので、まとめてCETにできるのは嬉しいですね!注意は1回コンバートすると次回は24時間後だということ、手数料が5%かかるということです。
CoinExはマンスリーレポートを月一で出しており、その中で次月の目標を作っています。10月の目標は4つでしたが、今回のコンバート機能は3つ目(Trade Coins into CET in one click)ですね~。2つ目の「Contract in Exchange」の意味がよくわかりませんが、おそらくこれはVIATのことでしょうか。とすると、残りまだ対応していないのはインドネシア語対応ということになります。

◆10月度公式アンバサダーノリヒロ、ようやくCoinExにフォローされる!

APPの日本語対応開始に合わせて、日本人アンバサダーもCoinExにようやくフォローされました!もっと早くても良かったと思いますが。Dr.K氏、こより氏、じょか氏もフォローされているようですね。何はともあれ、もう少しアンバサダー特典が欲しいぞ(笑。


10/18のイベントは、USDCコンペ(マーケット解禁による入金コンペ)です。
USDCマーケット解禁もなかなか取引量があがってきません。もっと宣伝が必要でしょうか…。CET、VIAT、USDCペア。このあたりがCoinExを盛り上げるカギになるのは間違いありません。運営さんからのアナウンス、待ってます!

10/1~の全ルールを解説しています!
CoinEx ルール解説 10/1対応最新板 (CETロックマイニング・長期配当・VIPなど網羅)


10/1からの長期配当も注目!新規登録はいかがですか

CoinExはこちらから登録できます 

↑このページのトップヘ