カテゴリ: AMA (なんでも聞いてみよう) 詳細

wwb2

第5回 公式AMA WWB WowBit 登場 取引高コンペも開始。こんにちは、ノリヒロです。8月末に上場したばかりのWWB WowBitが早くもAMAに登場です。また、AMA終了直後から取引高コンペもスタートします。うまく取引高につなげられるでしょうか。

第5回 公式AMA WWB WowBit 登場 取引高コンペも開始

目次
①WWB WowBitとは

②AMA内容

①WowBitとは

名前 WowBit
シンボル WWB
発行量 1,111,111,111WWB
公開日 2018/05/15
上場  BIt-Z
タイプ NEP-5 (NEOプラットフォーム)
拠点 シンガポール

11
222
アドバイザーとして、ロジャーバー氏、Neoの創始者であるDa Hongfei氏が就任しており、注目殿高さが伺えます。


wwb

333

Wowooというプラットフォーム上で扱われるトークンがWWB(WowBit)
という事になります。
Wowooは、「感動の可視化」を目標に掲げ、芸術、偉業、善意などに対する投げ銭を行うプラットフォームと言われています。「Wee」は利用者(プロダクトを受け取るユーザー)、「Wer」は製作者(プロダクトを作成したユーザー)になります。Wowooプラットフォーム内コミュニティで、「Wer」は自分のプロダクトを公開し、寄付を募ります。「Wee」は支援したいプロジェクトに投げ銭という形で寄付をします。また、プラットフォーム上で独自トークンを作成することができ、そのトークンを利用してICOを行うことも想定されています。WWBには投票権が付与されており、トークン所有者の3分の2の賛成で意思決定が行われるのも特徴の1つです。
WWBにはSmart Active Control(SAC)機能が搭載されており、WowerとWeeの間のさまざまな権利関係の動作を制御します。Wowooプラットフォーム内のコミュニティをいかに拡大させることができるが、このプロジェクトの中核となります。

②AMA内容

開催日時 8/11 11:00~12:00
回答者 WWBのCEO Fujimaru Nichols 氏
wowo2

Qは質問、Aは回答です。WowBitは略でWWBとします。
**********************
Q1.Quora(ユーザーコミュニティで作成、運営を行うQ&Aサイト、知識共有プラットフォーム)とWWBの違いは何ですか?Quoraの分散型バージョンという認識ですか?
A.WWBはトークンエコノミーをベースとしたエコシステム構築を目指しています。その点からみると、WWBはSNSというのは正確ではありません。プロジェクトを達成するために、新しいトークンを設計、それで資金調達を望む人々と、それらのプロジェクトに貢献したいと希望する人々とを結びつける事を可能とするプラットフォームになります。SNSとは違いますよね。

Q2.WWBのコンセプトを見ると、Steemit(Mediumのブロックチェーンバージョンと呼ばれている)を思い出させます。両者とも価値あるコンテンツを生み出すために設計されていますが、WWBプロジェクトをはじめようとしたきっかけは何ですか?

A.私は、すぐれた意思を持った人々のサポートをWWBができたらと思っています。ブロックチェーンという言葉、それに関するプロジェクトはどこでも聞かれるようになりました。ですがどのプロジェクトが私たちの社会をよりよくしてくれるか疑問を抱かざるを得ません。そこでWowooコミュニティで、社会への貢献の可能性に基づいて新しい価値を創造することを考えました。

Q3.今のところ、WWBの投資家は、WWBのユースケースについて理解できていないように思います。どこでWWBを使うことができますか?なぜ投資家はWWBに投資するとお考えですか?
A.素晴らしい質問です。Wowooは1つのコミュニティとして機能します。そのコミュニティは多くのプロジェクトを支援し、そして支援したいと思うユーザーをサポートします。WWBはその中で潤滑油として働きます。例えば、コンテンツに対してお金を払ったり、プロジェクトに貢献するためにWWBを使うことができます。そして、現在もほかのユースケースを模索してい最中です。

しかし、最重要なのは、Smart Active Control(SAC)機能です。この機能はメインネットローンチで開発されますが、そこでは、決済方法だけでなく、スマホを持っているユーザーならだれでもスマートコントラクトを構築できたり、権利条件の設定を簡単に行うことができるようになります。
ブロックチェーン開発の現在の問題は、敷居が非常に高く、またどのようにしたら自分たちの生活に付加価値をつけられるかをほとんどのユーザーはわからないということです。SACは、人々がいろんなユースケースで使用できるように、WWBでスマートコントラクトを簡単に構築できるようにします。

Q4.NIntendo3DSのAR機能のように、Weeへのコンタクトをワイヤレスで行えるように、NFC(無線技術)やAR機能を実装する予定はありますか?
A.興味を持たれる部分だと思います。最近ですが、私たちは"Goen"プロジェクトと提携を結びました。Goenは、エンターテイメント分野のプロジェクトです。彼らと一緒にARや新しい技術をもった様々なDappsを開発する予定です。

Q5.Werまたはコンテンツ制作者は、価値を提供する(人/実体/プロジェクト)を指しますが…「価値」の定義方法は?Werになるための基準はありますか?だれでもなれるのですか?
A.現時点では、チーム(私を含む)が、新しいタイプの価値を創出する期待があるのはどのプロジェクトか?ということを決定します。私たちが「価値」について話す時は,そのもの自体に必ずしも潜在的に価値があるとは限りません。ただ、将来的にプラットフォームが出来上がり、プロジェクトに共感したいと思う人たち、ブロックチェーンに関係する人たちがいれば、だれでもWerになれると信じています。世界のだれもが面白いものをもっていますから。

Q6.私は旅行ガイドをしていますが、空き時間があります。Wowooを使えますか?旅行ガイドという専門性をWowooに活かすことはできますか?

A.Wowooのプラットフォームで、私たちはいろんな機能を開発する予定です。しかしながら、メイン参加者はコンテンツ制作者や投稿者になります。もしブロックチェーンを用いてあなたのガイドの仕事を広げるアイディアを思いついたなら、Wowooプラットフォームでご自身のトークンを発行し、それをコミュニティに広げていくことができます。トークンを開発できるだけでなく、ホワイトペーパー、スマートコントラクトを簡単にし、ビジネスパートナーを探しやすくします。異業種のコミュニティメンバーにアプローチすることを可能にします。
他方、貢献したい場合は、興味を引くプロジェクトや、プロジェクトオーナーを探すことができます。

Q7.実際のWWBはどのくらいの価値があると思いますか?現在の価格(0.06$)は極めて想定より低いと考えます。Wowooプラットフォームのため、wwbホルダーの為にも、WWBの価値は非常に重要です。そのことをどう思っていますか?彼らのために何かする予定はありますか?Wowooプロジェクトを応援していますので叱咤激励です。
A.実際、トークンの価格については(このAMAでは)話すことが許されていません。ですが言いたいことはわかります。そしてトークン価格だけではなく実際のユースケースやプラットフォーム、コミュニティ開発の事も真剣に考えています。現在、私たちはコミュニティ開発を加速させるための興味深い活動を計画しています。どうかアップデートを待っていてください。(そしてあわよくばBTCの価格があがりますように)今は日の出の為に準備をしている時期です。サポートに感謝します。

Q8.WBBはWowooのトークンなのですか?
A.そうです。WWBは私たちのコミュニティのトークンとなります。10を超える多くのプロジェクトをサポートしています。そのプロジェクトはそれぞれ独自のトークンを持ちますが、将来的にはトークン同士のタイアップもありますよ。

Q9.Wowooの開発状況はいかがですか?

A.現在ベータ版(契約顧客限定)の開発中です。今月中に、実際に見える形でファーストバージョンをリリースする予定です。開発はまだまだかかりますが、すぐにユーザーはプラットフォーム内でトークンやホワイトペパーを作り、ビジネスパートナを探すことができるようになると思います。お待ちください。

Q10.WowooはICOのプラットフォームなのですか?クライアントの顧客は何ですか?ほかのプラットフォームと比較した場合の優位性はなんですか?
A.はい、ある意味ではICOプラットフォームと呼べるかもしれませんが、それ以上だと思います。現在私たちのクライアント(グループ会社も含む)は全世界(日本、台湾、カナダなど)にいます。私たちは、例えば投薬、寄付、金鉱、スポーツ、飲食、音楽などの分野のプロジェクトに支援をしています。
Wowooプラットフォームを使用する実益は、コミュニティのポテンシャル、提供しようとしている技術支援です。私たちはたくさんの信頼ある企業と一緒に仕事をさせていただいていますので、プロジェクトのオーナーは、通常に運営していたら決して関与できなかったであろう支援者と接することができます。私たちはまた、取引所構築、ほかのツール(SAC機能、ブロックチェーンフォンなど)も計画しています。

Q11.2022年の将来、Wowooはどのようになっていますか?また、そのように思う理由は?
A.2020年は世界にとって重要な年だといわれています。例えば、日本でのオリンピックです。いまや世界はだんだん小さくなってきているので、インターネット、ブロックチェーン、AIなどの新技術は私たちを新しい社会へと導いています。202年から2年以内には、全く別の生活を送っているでしょう。Wowooはいかなる産業も受け入れ、そして世界中の人々とシェアすることを歓迎します。アジアにおいてリーダーとなり、コミュニティはすべてを凌駕するでしょう。

Q12.どのようにWowooはユーザーのデータを守るのですか?スナップチャットのような感じですか?プラットフォーム上で誰がユーザーデータにアクセスできるのですか?
A.すべてのデータは分散化され、限られた者しかアクセスできません。

Q13.プロジェクトで最も大事なことは信頼です。どうしてWowoo取引所の開設を延期したのですか?
A.これに関しては大変申し訳ございません。既存のほかのプロジェクトと組み合わせて、地域コミュニティのシェアを獲得するために世界中に5つ以上の取引所を開設を予定し、様々な政府、銀行などと協力して、会社/支店を開設するだけでなく、設定、ライセンスの取得等を行っています。ですが想定よりもはるかに時間がかかっています。確実に進歩はしており、近づいてはいます。

Q14.なぜWowooプロジェクトは、ERC20ではなくNeo技術を選んだのですか?

A.最初はERC20トークンで始めました。ですが、ETHのネットワークは日を追うごとに重くなっていきました。このまま状況が同じなら、長期的に考えるとうまくはいかないと疑うようになったのです。他方、Neoへの投資家であるMr.Da Hongfei氏と一緒に仕事をしていく中で、Neoのビジョンと技術を理解するようになりました。そこで、NEP-5を使うことにきめたのです。

Q15.率直に言って、ユーザーはWWBへの興味を失っていると思います。ほかの通貨を売ることに注力しているように思います。
A.悲壮感漂う時にこそチャンスは訪れます。しかし、コメントありがとうございます。私たちのプロジェクトは進捗しており、ビッグサプライズを提供することに自信があります。

Q16.自律性はWWBの特徴の一つであり、WWBホルダーのためであると思います。それらは公正さの役割を果たすことができます。投票機能の悪用を防ぐためのルールはありますか?
A.はい、その通りです。この問題は、メインネットのブロックチェーンの構築の段階で議論されています。私たちは、ブロックチェーン(上での決定)と実際の意思決定が同じであるべきだと信じていますが、あまり厳密には考えていません。

Q17.アクセスが制限されている(Q12の続き)とありますが、具体的には?
A.これは最終的な答えではありません。現時点では、私と会社の専用部署が処理する責任があります。KYCのデータは、シンガポールの要件に応じて適切に処理されます。

Q18.WWBホルダーへ、他通貨のエアドロはありますか?
A.皆さんが私たちに期待できる1つの特徴ですね(笑。

Q19.Wowooの1つの特徴は、良いアイディアを見つけたら、Wowooを利用して資金を調達できる点だと思います。良いプロジェクトを自身の為にリリースしますか?
A.私たちは自身の為に資金調達をする予定はありません。すべてのプロジェクトはトークン発行、販売ができます。私たちはそのプラットフォームを提供するだけです。

Q20.たとえば…ロボットアームを発明した人がいて、プロトタイプを完成させたとします。Wowooプラットフォーム上で有志を募ってテストをすることはできますか?
A.もしそのプロジェクトがブロックチェーンに関与しており、支援者が納得すれば可能ではありますが、元来私たちはクラウドファンディングのプラットフォームではありません。

Q21.もしあなたがWWBの価格をあげることができなければ、ほかのユーザーはWowoo上のほかのプロジェクトに進んで投資しようとは思わないでしょう。
A.大変申し訳ないですが、WWBの価格に関してはコメントがほとんどできません。しかし現状厳しい市場の中では、エネルギーを充電することが賢明だと信じています。時が来れば、おのずと銀河に飛び出すでしょう。

Q22.Wowooの拠点は日本?シンガポール?コミュニティを拡大させるためのマーケティング戦略はありますか?
A.現在はシンガポールです。日本にはパートナがいます。したがって日本企業ではありません。戦略としては、影響力のある機関と多く提携し、まだブロックチェーンを認識していないユーザーを取り込むことです。今後数か月で多くの施策を考えています。

最後に
貴重な時間をありがとうございました。素晴らしいプロジェクトをお届けする、そして将来の為に素晴らしいコミュニティを構築することを皆様にお約束します。
**********************

11時から始まったものの、最初の数分は質問はまばら。おいおい、大丈夫か~と思われましたが時間を追うごとに質問は増え、最終的には質問を5件ほど残した状態でタイムアップとなりました。UTC時間だと午前2時~3時ですからアジア圏以外のユーザーはなかなか参加しにくい時間帯だったかもしれません。


wwwww
9/3 AMA終了後から取引高コンペが開始(12:00~)されました。取引量が少しずつですが上がっています。BTCペアがBCHペアの約4倍の取引量になっています。AMAの効果は少しはあったかな?

いかがでしたでしょうか。ユーザーはやっぱり価格の事について聞きたかったようですね~。CEOは言葉を選んで、かつ真摯に答えていた印象です。取引高があがって注目度がアップすればいいですね。


指値マイニング、AMA、ルールをおさらい
CoinEx ルール解説 最新版 (マイニング、ロック、配当、上場、マーケットメーカーなど)一挙まとめ


アプリ版KYC&顔認証、新規登録をしたいあなたへ…

CoinExはこちらから登録できます

第4回 金曜日AMA 8/16に上場したばかりのCNN 登場。CoinEx 公式テレグラムで開催の第4回AMA(運営になんでも聞いていいよ!)がありました。こんにちは、ノリヒロです。第4回の登場はContent Neutorality Network COO Maggie ma氏です。


時間は 8/10  22:30~23:30 でした。ちなみに時間のHKTとは香港タイム、UTC+8の事です。日本のほうが1時間進んでいる計算ですね。
タイムスケジュールはこれまでと変わらず、質問時間5分 × 回答 10分 の3セットです。

第3回AMA CNN(Content Neutrality Network)内容 

目次
①CNNとは

②AMA内容


①CNNとは

以前ご紹介した記事を参照いただけます。どのようなビジョンを持っているかを確認いただけると、AMAの理解も深まります。

CoinEx 8月16日上場 CNN Content Neutrality Networkとは

インドにおけるキュレーションアプリ大手(NewsDog)と提携して、ブロックチェーンを用いたコンテンツネットワーク系プラットフォームを構築するプロジェクトです。既にあるアプリにブロックチェーンを結合させることで、著作権の問題やインセンティブの不公正の問題などを解決しようとしています。

②AMA内容

開催日時 8/17 22:30~23:30
回答者 CNNのCOO  Maggie ma氏
maggie

Ph.Dとは「Philosophiae Doctor(博士)」という意味です。金融工学の博士を持っている方だということです。Baidu(百度、中国の最大検索エンジン提供企業)やゴールドマンサックスでも働いていたことのある実力者ですね。COOということで最高執行責任者になります。
Qは質問、Aは回答です。
***********************
Q1.CNNがNewsDogに統合されるという人もいますが、これは本当ですか?
A.本当です。将来的にはそうなると思います。私たちは、すでにNewsDogを基盤にしたテストアプリケーションをローンチしています。すでにユーザーから有望なデータを受け取りました。今後はさらに改良しNewsDogユーザーをCNNに誘導します。


Q2.現在、コンテンツベースのエコシステム(ロードマップ)のどの段階にいますか?
A.CNNは、ブロックチェーンをベースとしたコンテンツエコシステムです。私たちは今トークン化の段階にいます。技術がより成熟するにつれて、より多くの機能を追加し、分散化が促されるでしょう。


Q3.8月の取引所上場について何か計画はありますか?
A.上場するタイミングは片側だけでは決定できません。すなわち我々CNNチームだけではいつ上場するかを決定できないのです。私たちは取引所に対し提案をし、可能性を議論しています。今のところ、さらに多くの取引所に上場をしようとしており、近い将来の上場の可能性について議論を積極的に行っています。


Q4.現在における、CNNの発展を遮る障壁はなんですか?

ブロックチェーンは革新的な技術ですが、全く初期段階にいます。成熟するまでに数年かかるかもしれません。ですが、NewsDogを土台として私たちCNNのエコシステムが構築されていること、これがアドバンテージです。NewsDogは既にインドで3年も運営されており、6000万人以上のユーザーがいます。私たちのチームのおかげで、インドにおいてNO.1のニュースアプリとなりました。NewsDogの成功体験は確実にCNNが発展を続けるために役だつと信じています。


Q5.なぜトークン化をするのですか?単に分散化されたコンテンツベースのエコシステムでいいのでは?

A.先にも言いましたが、ブロックチェーン技術は初期段階にいます。私たちの特徴の1つは、ユーザーがプラットフォームに参加をすることで報酬を得ることができるということです。現在、ニュースを読むという行為は膨大に行われており、既存のシステムでは私たちが望む処理は不可能で、目的を達することはできません。そこでトークン化が必要だと考えています。


Q6.CoinExに上場しましたが、価格は下落しています。何か対策はありますか?チームはこの状況をどのように考えていますか?
私たちはCNNの開発は長期的に考えています。率直に言えば、CNNトークンの価値を表現するのに最も重要なファクターは、良いプロジェクトを作ることです。現在は耐えなければならない相場なのです。私たちは2つの事に集中しています。①チームはプロダクト開発に100%注力しています。②オペレーションチームはCNNをもっとメディアに露出させることができます。そしてビジネス開発チームは、ユーザーベースを拡大するために、ほかのプロジェクトや取引所との提携に注力しています。


Q7.Chen氏(CNNのCEO)は、CNNトークンを毎月売っているようですが、どこの取引所を使用しているか教えてください。
A.1つはっきりさせておかなければなりません。私たちチームは、取引市場でCNNを(売って)下落させてはいません。毎月、保有CNNのいくらかをチームや、投資家、アドバイザーに開放する予定です。チームにリリースされたトークンはまだ彼らのアドレスにあり、市場には流出しません。アドバイザーや投資家もまた同じです。私たちがホールドする理由は簡単で、長期的なCNNの発展を信じているからです。市場に放出する理由がありません。特に現在のような厳しい市場であればなおさらです。


Q8.最も大きなコミュニティはSNSです。どうかもっとアクティブになってください。
A.提案ありがとうございます。SNSに関してはもっと注力します。


Q9.ロックアッププランはありますか?ビジョンやテンセントがNewsdogに出資している点からも、CNNトークンの購入を検討しています。CNNトークンはそこで統合されるでしょう。ロックアップがあるかどうか知りたいのです。
A.以下のように考えています。
①D-Run財団(CNNとNewsdogの共同財団)の保有する200億CNNは、パブリックチェーンがリリースされるまでロックアップされます。
②チームのための200億CNNのうち、50億は新しい財団の為に確保され、残りの150億は25か月をかけて均等にチームに付与されます。
③150億CNNは投資家とアドバイザー用です。こちらも25か月をかけて、均等にそれぞれに付与されます。


Q10.アドバイザーがUpbitを訪れていましたね。韓国へ進出する予定はありますか?
はい。私たちはMIcheal(CNNのアドバイザー)といろいろ話をしました。ソウルでのイベントをもっと行っていく予定で楽しみにしています。


Q11.CBRSモード(参加ユーザーが全員報酬をもらえるようにするCNNの技術の1つ)を使って、どのようにユーザーの情熱を引き出すのですか?
ユーザーの注目を集めるためのマーケットは、常に頻繁に議論されています。ユーザーの中には、広告表示を避けるために、FaceBookにお金を払っている人もいますが、そのユーザーは(お金を払っているのにも関わらず)FaceBookを使用できる権利以外のものを何も得ていません。私たちがしたいことは、CNNプラットフォームへの貢献度に応じて報酬が受けられるシステムを構築することです。例えばコメント、共有、再投稿をしたら報酬がある…などです。この種のインセンティブプランは、ユーザーをより活発にさせ、CNNプラットフォームへの依存を高めてくれると信じています。


Q12.CNNホルダーへのエアドロを考えていますか?CNNを宣伝し、熱心なCNNホルダーに報酬を与えるための最良のマーケティング戦略の1つだと思うのですが。
A.はい、私たちは既にhuobi 韓国にて同種のエアドロを行っており、将来的にももっとプロモーションを行う予定です。

まだ5件ほど未回答があったが、タイムアウトで終了となる。

********************

直近での材料はあまりありませんでしたが、ホワイトペーパー、Twitter等には記載のなかった「運営保有CNNのロックアップ」が聞けたのは大きいですね。現在の流通量は172億CNNですが、突発的に流通量が増えるという事はAMAを聞く限りではなさそうですので、購入する際は参考にしていただければと思います。次回はどの通貨が選ばれるのでしょうか。こちらも楽しみです。


ちょっとCoinExに興味がわいてきた方へ

CoinExはこちらから登録できます

第3回 金曜日AMA ポルシェ商品の LFT (Linfinity) 登場   8/10実施内容 。CoinEx 公式テレグラムで開催の第3回AMA(運営になんでも聞いていいよ!)がありました。こんにちは、ノリヒロです。第3回の登場はLFT Linfinity のCEO、Anndy Lian氏です。ポルシェプレゼントのCEOが何を語ったのでしょうか。


時間は 8/10  22:30~23:30 でした。
タイムスケジュールはこれまでと変わらず、質問時間5分 × 回答 10分 の3セットです。

第3回AMA LFT(Linfinity)登場 8/10実施内容

目次
①LFTとは

②AMA内容


①LFTとは

以前ご紹介した記事を参照いただけます。どのようなビジョンを持っているかを確認いただけると、AMAの理解も深まります。

CoinExに新規上場 Linfinity (LFT)とは

簡単にいうと、物流業界をブロックチェーンで作り変えるプロジェクトです。いろんなコストカットを行い、その分の利益分配をさらに末端まで行うことができるということが売りでした。
また、CoinExでは何と言ってもポルシェはじめ車のプレゼントで話題となりました。イベント後少し取引高が落ちましたが、ETHペアでは依然高い取引量を誇ります。

②AMA内容

開催日時 8/10 22:30~23:30
回答者 LFT のCEO Anndi Lian氏
Qは質問、Aは回答、"CoinEx"はCoinExの運営が横やりを入れるという意味です。
***********************
Q1.比較的暗号通貨に好意的なタイ国では、金融サービスの分野で急速にブロックチェーンの開発が行われています。あなた方のサービスはタイ国で実施される予定はありますか?
A.待ってました!はい、私たちはタイ、バンコクで来年早々にも実施する計画があります。まずはLinfinityトーク(オンラインチャットのようなもの)を使用して始めます。もし、良いリソースをお持ちでしたら、ぜひ議論させてください。
タイはASEANの良い拠点だと思ってます。私たちは既に企業からの協力を受けています。もっと話をしましょう。


Q2.ロードマップによると、現在チームはサプライチェーンに関して開発を行っているようですが、調子はどうですか?
A.調子は良いですよ。計画通りです。


Q3.LFTは取引所で新しいイベントの計画がありますか?おそらく今回はプライベートジェットをプレゼントしてくれるかもしれませんね(笑。LFTの価格を安定させるため、また価格を上昇させ、取引量を増やすために、何か計画していることはありますか?
A.これもまた良い質問です!私たちはコミュニティの為にいくつかプランを練っています。どうかもう少し待ってください。プライベートジェットの件に関しては…私たちが良いサポートを続けることができれば、無いことはないかもしれませんね。
LFTトークンがより簡単に流通されるかどうかは私たちのエコシステムにかかっています。持続可能なエコシステムを作り出すためにも、コミュニティの皆さんの協力が必要です。
CoinEx.プライベートジェットなんて、太っ腹だね~Anddy(笑。横やりを入れて失礼しました。皆さん、AMAに集中しましょう。無関係なものは発言しないように(笑。


Q4.実際のユースケースはどんなものがありますか?

A.RFID( Radio Frequency identification:無線チップにより人やモノを識別・管理する仕組み)にはセキュリティ上の懸念があります。私たちはまだ答えを見つけ出している最中です。pin認証やパスワード認証をもとにしたプロテクションを考えています。
Linfinityは複数のアプローチが採用されています。複数のパブリックチェーンの研究を行っていますが、これにはまだ長い時間がかかります。
短期的には、企業の既存のシステムと結合するブロックチェーンサービスとして、Linfinity技術レイヤーの開発を計画しています。
複数のユースケースを検証し、テスト段階を終えたものもあります。最初に公開するのは、韓国の化粧品会社とのユースケースになると思います。


Q5.ブロックチェーンには多くの分野での実装が検討されていますが、LFTはどうしてサプライチェーン(物流)業界を選んだのですか?
A.サプライチェーンは、実際に解決しなければならない問題を毎日のようにかかえています。それが私たちがサプライチェーンを選んだ理由です。


Q6.NTK (Neuromation )との関係性は?
NTKは、私たちのAI分野でのパートナーです。


Q7.コミュニティは、プロジェクトにとって最も強力なパワーをもっていますが、どうやってオンラインコミュニティとやり取りを行い、みんなに最新のニュースを広めるのですか?
A.私たちには大きなコミュニティ戦略があります。これは8月末に開始されますので、お楽しみに!(おそらく先ほどのLinfinity talkのことだと思われます)


Q8.韓国の化粧品会社との提携に関して。どんなサービスを実際に行うのですか?
A.私たちはコピー品排除のソリューションをブロックチェーンで提供します。これは彼らの現在使用しているシステムに追加する形になります。LFTは、市場での偽商品を排除し、ブランドの可視性を向上させることを目指します。


Q9.バンコクにいる私の友達は、もしLFTがバンコクでミートアップをしてLFTを広めてくれたらとても喜ぶと思います。
A.そうなったら嬉しいですね。あなたはどこのご出身ですか?
Q9の質問者.オーストラリアです。あなたととても近いですよ。
A.そうでしたか!スマホの電源がなくなる前にチャットしましょう。あなたはブロックチェーン業界の方ですか?プロジェクトを抱えていますか?
Q9の質問者.私はトラックドライバーですよ(笑。
A.これもまたいいですね。ワタシよりもサプライチェーンについてよく理解されているでしょう。先週も私に会いに来たシェフと、神戸牛のことについて議論しました(笑。
(これは雑談ですね。)


Q10.コスメ業界は別として、LFTはどんなほかの分野に進出しようとしていますか?
A.たくさんあります。例を出すと、ヘルスケア、ワイン、コーヒー豆などです。


Q11.今夜はLFTのほかのメンバは来てないのですか?LFTチームは才能にあふれていると思います。
A.もしあなたが私の事を信じなかったとしても、LFTチームは一生懸命働いてくれています。今もCOOやCMO、地域ディレクターが一緒にいます。


Q12.LFTは素晴らしい通貨です。1000ドル用意します。
A.LFTをより良いものにするために一緒に活動しましょう。一緒にビジネスができたらいいですね。
Q12の質問者.私の友達もチャットに参戦したいのだが、参戦ができない。どうにかならないですか?
A.AMAの後でもよかったら話をしましょう。


Q13.LFTプロジェクトで活動をするときに、どんな経験が一番あなたを助けましたか?
A.ビジネスの状況を考察し分析する能力だと思います。


CoinEx運営.あと2時間ほどで、LFTロック制度がスタートする予定です。Anddy、ロック制度についてもう少し詳しくお話いただけますか?どうしてLFTはロックをすることを決めたのですが、もしそうした場合LFTホルダーにどんな特典があるのですか?
A.通貨の中にはシステム的に攻撃されたと思われるような、悪意のある市場があり、多くのサポーターが注意をしています。マーケットでの正常取引を維持するため、そしてLFT支持者の利益を守るため、LFT財団は4か月のLFTロックアウトプログラムを開始することにしました


Q14.よいブロックチェーンプラットフォーム、そして私たちの社会に対する責任をどのように定義していますか?ここ10年の間に人々の生活を変えるのでしょうか?
A.ブロックチェーンはまだ始まったばかりです。ブロックチェーンでなくてもOKなプロジェクトもたくさんあります。ブロックチェーンが世界を変えることはできないと思います。できることは、より多くの事が可能になるということ、そして信頼できる価値が現在のシステムに加わるということです。
先ほどの化粧品会社の例で、既存のシステムで模倣防止が60%できるのであれば、ブロックチェーンでさらに20%をカバーできれば素晴らしいと思います。ブロックチェーンとはそのような立ち位置になるべきです。


Q15.現在のLFTはERC20トークンですが、将来的にBCHトークン(BCHのブロックチェーンを使用する)可能性はありますか?そして、その場合はいつごろですか?
A.現在は確かにERC20トークンです。将来的には独自チェーン&メインネットに移行する予定です。ですので、今のところはBCHチェーンに移動することはありません。来る将来、お互いの技術的議論ができればうれしいですね。


Q16.LFTは似たようなプロジェクトが複数ありますよね?どのようにして差別化を図りますか?最も魅力的な側面はなんですか?

A.複数あるというプロジェクトの名前を挙げてみてください。私たちは製品の材料(素材)の面からリサイクルまで、総合的にサプライチェーンを見ています。十分にユニークなのではないでしょうか。


今回のAMAは個人的にいつもよりフランクな感じでした。ブロックチェーンで、社会は完全には変わらない(現在のシステムと共存してこそ活きるだろう)と言い切る点や、惜しげもなくファンダを出す点などが驚きでしたね。冗談(プライベートジェットを景品にするとか)も多かったので、間延びはしましたが、LFTが身近に感じられて楽しい内容だったと思います。また、BCHチェーンの話題を出したSheri U氏の発言も新しかったです。
LFT ロックシステム、知りませんでした7/27頃から価格が急落した際の運営の一手だったんでしょうね。


既にLFTロックシステムはLFT公式にてアナウンスされています。CoinExのウォレットではなく、MEWなどのイーサウォレットに移動後、ロックアップ用アドレスに送ることになるようです。そして、送信期限は8/10までとなっていますのでこれからの参加はできない模様です。



これから参加はできませんが、情報まで。ちなみにロックアップ先のアドレスをEthescanで検索してみたのですが、情報なし。うん~どうなんだろう(笑。どのくらいロックされたか知りたいですね。


8/11  11時更新。
ロックアップされた数字が確認されました。検索の設定をしなければならなかったようです。(公式テレグラム経由)
lFT222
ロックアップされたのは3884万LFT。流通量が30億ですから、約100分の1がロックされた計算になります。数字的には、あまり市場には影響しないような感じですかね…。もう少し広報をしてもよかったような気がしますが。


ちょっとCoinExに興味がわいてきた方へ

CoinExはこちらから登録できます





CoinEx 公式テレグラムで開催の第2回AMA(運営になんでも聞いていいよ!)がありました。こんにちは、ノリヒロです。第2回の登場はBBN(BBN Banyan Network )のCEOでした。

開始は8/3 21時~22時(日本時間)でした。
なお、FryDay AMAはタイムスケジュールが決まっており、5分間ユーザーの質問⇒10分ゲストの回答×3セットが基本となります。
CoinExの開始設定時間(今回の場合は21時)は、ゲストの第1回目の回答がはじまる時間の可能性があります。ですので、しっかりと内容を把握したい方は、開始15分くらい前にはテレグラムにいることをお勧めします。

第2回 金曜日AMA BBN (Banyan Network) 登場 8/3実施内容

目次
①BBN  Banyan Networkとは

②AMA内容


①BBN Banyan Networkとは

BBN
参考:COINJINJA

タイプはERC20トークン、発行枚数は10億BBN、流通量は2.9億(8/3時点)となっています。Banyan Network(以後BBN)は、個人情報などデータ分析に役立つ情報を、ブロックチェーン技術を使ってエコシステムにまとめるというプロジェクトです。1人のユーザーに対して、マーケティングごとにデータがあるとすると、そのデータをそれぞれ別個に管理するよりは、ユーザーに紐づけてすべてのデータを管理する方がビジネスチャンスが広がりますね。


bbn

BBNは"Data Fusion Value Network (DVN)"という仕組みがあります。仕組みは4つに分かれています。①データの収集(Connection)②データの整理(Governance)③独自の技術IDマッピングによるデータの結合(Fusion)④ブロックチェーンを使用した分散型データ取引サービス(services)です。そして、データを提供している個人は、企業でそのデータを使用されるたびにBBNで報酬を受け取ることができます

また、質問では"Precision Marketing"という言葉が頻出します。PrecisionMarketingとは、ユーザーが提供したデータで必要な部分をAIで選別し、的確(Prexision)に企業に届けるという仕組みで、これをブロックチェーンを用いて分散型で行おうという試みです。


ロードマップも公開しています。
road1
road2

BBNの概要をさらっと確認していただいたところで、AMAの内容に入ります。

②AMA内容

開始時刻 8/3 21時~22時
回答者 BanyanNetwork CEO David Zhou氏

*************************
Q1.どのようにあなた方の顧客がBanyanNetwork(以後BBN)のサービスや機能を使用するのか例を事例で説明してもらえますか?
A.”Precision marketing”というのが良い例ですね。ユーザーによるビデオコンテストで2位に輝いた受賞者が、このマーケティングについて説明するのに素晴らしい動画を作っていますので、こちらを確認してください。



Q2.DVN(data Fusion Value Network)への確認に3D顔認証システムを盛り込む予定ですか?スマートフォンの多くを考慮すると、指紋認証を凌駕する必要があると思いますが。
A.これに関しては、私たちができうる将来のアプリケーションの方向性をお伝えしています。もちろんDVNに接続するデータソースとサービスプロバイダーが必要です。


Q3.ユーザーはプライバシーについて心配しています。ユーザーは、自分から収集したデータが適切に使われているかどうかを確認できるのでしょうか?
A.私たちは、GDPR(一般データ保護規則、ヨーロッパ基準)に準拠しています。これは、ユーザーはまずopt-in(企業がユーザーデータを使用していいかどうか、ユーザーが選択できる仕組み)が先行します。そうでないと、ユーザーデータを使用すること自体が非合法となります。ユーザーはいつでもその選択を解除できます。


Q4.BBNは、ほかの同時代のプロジェクトと比較して何が優れていますか?
A.同業他社のことですか?ブロックチェーン業界全体のことですか?もし同業他社のことを言っているのであれば、私たちの特筆すべき特徴は、データソースの接続と融合にブロックチェーンを使用していることになります。



Q5.エンドユーザー(末端顧客)へのプロジェクトはどんなものがありますか?既に準備していますか?
A.私たちは、Multi-Trust-Connector(MTC)のようなビジネスプロジェクトに今のところ注力しています。しかしながら、エンドユーザーへのプロダクトも開発ライン上にあります。来月にはα版のリリースができたらと思ってます。


Q6.BBNトークンはどのようにして使用されますか?
BBNトークンは、Banyanエコシステム内でデータやサービスを使用する際に使用されるトランザクショントークンです。例えば、データサービスのやり取り(APIを呼び込む場合)の際に、またデータツールを利用する際に、そしてリソースを使用する際に使用します。同様に、データガバナンスルールへの投票券としても使用されます。


Q7."Precision Marketing"に関して。BBNは、マーケティングの為にこのデータを収集、使用しますか?
データソースは私たちのDVNに接続されています。同様に私たちは私たち自身のためにデータを収集し"Precision Marketing"のためにまた使用します。


Q8.今後のデータガバナンスプラットフォームにはどのモデルを含める予定ですか?
A.質問の"モデル"とは何を意味しているのかはっきりしませんが、私たちはデータガバナンスプラットフォームでデータのクリーニングと紐づけをする工程があります。


Q9.いまロードマップのどのあたりにいますか?
現在私たちはDVNシステムにデータソースを接続するプロセスが進行中です。最新のMediumの記事では、数十億人の中国人ユーザーをカバーするDVNに接続されたスーパーデータソースがあることを紹介しています。(ロードマップの2018年7月の分だと思われる)


Q10.BBNはETH-ETCのようにソフトフォークを計画していますか?
A.フォークはありません。


Q11.一般向けには、どのようにプロダクツの紹介をしますか?ミートアップなどは予定していますか?
A.まず、オンラインプロモーションをするために、世界的なアンバサダープログラムを予定しています。各国に十分なアンバサダーが集まりましたら、それぞれの国でオンラインミートアップを企画しています。
今すぐには、エンドユーザーのためのプロダクトの公表はできませんが、翌月にはエンドユーザー向けのプロダクトのα版を公開できると思います。今のところは、Multi Trust Connectorというビジネス向けのプロダクトに注力します。


Q12."Precision Marketing"のために、データを必要とする顧客をどのように獲得する予定ですか?
A.我々は既に金融機関から数多くの協力なスーパーデータソースをもらっているので、金融業界からの集客開始を9月から行います。BBNチームは、ビッグデータ業界に確固たる地位を持ち、BBNのデータソースは多くの金融業界関係者にとって非常に魅力的だと思います。


Q13.どのようにしてアンバサダーを募集しますか?
現在4か国で4人のアンバサダーを募集するトライアルを行っています。今のところ、アンバサダーは自国でマーケティング活動を行っているBBNの投資家であり、BBNへの意識を高めるためにビデオ・記事・ローカルミーティングに参加するなとのタスクを実行しています。


Q14.DVNをすべてのユーザーがKEY-Value(簡単なデータ検索様式)で読むことができるにはどのようにしたらよいですか?
A.DVNのデータサービスとプロダクツは、一般的には暗号化されており承認によって使用されます。ですのでユーザーにはわかりにくいところがありますが、データガバナンスプロトコルやツールは3か月以内にリリースされる予定です。それでしたら、ユーザーにも可読性があると思います。


Q15.金融業界は別として、あなた方がターゲットにしている分野は何ですか?どんな産業と手を組むことを狙っていますか?
A.ターゲットは、ビッグデータとAI業界です。次に狙っているのは自動車業界や保険業界を考えています。今後数か月でこれらの業界の顧客やパートナーを持つことができると思っています。


Q16.既に提携しているパートナーはいますか?
A.パートナーには2通りあります。1つはデータソースに由来します。これらのデータの大多数は、対企業からであり、提携する場合はNDA(秘密保持契約)をしなければならないので、データソースやアプリケーションは説明できるのですが、提携先を明かすことはできないのです。
もう1つはHPB(High Performance Blockchain)のようなブロックチェーンプロジェクト企業です。私たちはHPB上でDAPPを設計することを計画しています。



Q17.技術畑ではない私にとって、難しいです。Q9(ロードマップに関する回答)を簡単に説明してほしい。エンドユーザーにはどのように影響があるのですか?
A.来月α版リリースのエンドユーザー向けプロダクトは、エンドユーザーからのキーワードをトークンに渡します。


Q18.BBNをBitfinixに上場させる予定はありますか?大きな取引量をもたらすと思うのですが。
A.現在Bitfinexでは、上場投票が開催されています。ですが、私たちのプロジェクト自体がまだ若く、投票トークンとしては経験が不足しています。今回の投票ラウンドでは無理かもしれませんが、次回のラウンドではEthfinex/Bitfinexで上場投票に勝てると思います。


Q19.投資家を集め、取引所を増やすために、今後のどのような戦略を計画していますか?

A.まず、本日(8/4)、100万BBNのエアドロイベントをCoinExで開催しました。また、1か月以内に2つの取引所へ上場することは決定しています。守秘義務のため取引所名はあかせませんけども。


Q20.LFTのような、(ポルシェがあたるような)イベントはリリースしないのですか?
A.LFTがどのようなイベントを行ったのかはしりませんが、本日より行われている100万BBNのエアドロを確認ください。


Q21.私たちがインストールできるブラウザアプリ、スマートホンアプリはありますか?そしてそこで私たちのデータを管理し、BBNを稼ぐことはできるのでしょうか?
A.今のところそのようなアプリはありませんが、1年以内に開発する予定はあります。Banyanメンバーになるすべてのファンの方のために、データが使用された際には褒賞が出るようにします。このプロダクトはまだデザイン中です。


Q22.どのようにしてユーザーのデータの安全性を担保するのですか?BBNプラットフォームにデータが格納される前に認証を行うのですか?

A.DVNシステムに問い合わせるすべての顧客は、適切な認証が行われるようにMulti-trust-connectorで承認をする必要があります。データソースはパートナー独自のデータサーバーには格納されません。これらのデータソースへの読み取りアクセスのみが許可されます。

22時15分、時間大幅オーバーのため打ち切り。
*原文ママの部分が多いので、多少意味が通らない部分があります。ご了承ください。
***********************

今回は、質問が少なかったのか、CoinEx運営が取り仕切りがまずかったのか、質問5分×回答10分の3セットではなく、質問⇒回答の繰り返しで15分もオーバーしてしまいました。
個人的には、前者(区切りがあるほう)が見やすくてわかりやすかったような気がします。


BBNは現在はそれほど取引量がないためか質問も控えめでしたが、直近で1か月後での材料が複数(取引所への上場、プロダクツの発表など)ありました。
今後ご自身が推している通貨がAMAに取り上げられる可能性もありますので、このパターンには慣れておいて損はないと思います。CEOに質問できる機会もなかなかありませんし、ブロックチェーンの勉強にもなりますしね。


ちょっとCoinExに興味がわいてきた方へ

CoinExはこちらから登録できます

hyfro

Hydro運営はユーザーに何を語ったのか?こんにちは、ノリヒロです。7月27日深夜に行われたHydro運営とのAMA(質疑応答)の詳細についてご紹介します。場所は、CoinExの公式Twitter、言語は英語です。ちなみにこのDOGE(柴犬)は、CoinEx運営のLouis氏です。公式テレグラムでは運営回答を担っている1人です。


hydoro

Hydroチームからは4名参加(開発、広報など)。ユーザーの質問は約5分、その後Hydro運営の回答時間が10分。これを1Roundとして、合計3Round+おまけRoundがありました
Hydro運営が回答している間は、ほかのユーザーのコメントはミュートで入らないようにしていますので、回答時の閲覧はしやすくなっています。


*************************************************
AMAを読み進めていく上での注記です。
Qは「質問」、Aは「回答」です。A1、A2なと回答に数字がついているものは、複数人回答があったことを示します。また、個人名の場合は、該当する個人が回答をしたことになります。
「DA」とはHydroコミュニティを盛り上げるためのアンバサダープログラムです。
「FINDI」とは、金融分散化を支援するワーキンググループ(提携先など)です。
質問、応答とも原文に即して解釈していますが、一部意味が通らない場所があります。意訳ができない部分はそのままにしていますのでご了承ください。間違い箇所がありましたら修正します。
*************************************************


<Round1>
Q1:ハイドロチームの規模はどれくらいですか、どのくらい成長していますか? または来年に成長することを願っていますか?
A:フルチームはこちらです。https://www.hydrogenplatform.com/about
。私たちはみんなHydroを開発するため務めています。主にブロックチェーンに焦点を当てたチームがあります。https://www.hydrogenplatform.com/hydro 。現在では、エンジニア、役員等を除いてはほとんど採用はありませんが、必要に応じて採用し続ける予定です。
加えて、世界中のコミュニティメンバーに参加してもらうために、私たちはアンバサダープログラムを開始しています。https://medium.com/hydrogen-api/become-a-hydro-decentralization-ambassador-da-d9ebf956d0c2



Q2:ロードマップ、計画されたプロジェクト、製品のほかに加えて、追加するプロダクトはありますか?
A:一度すべてリリースされたら、私たちはそのものを強化、改善することに注力すると思います。この段階で、私たちはエコシステム内にいる開発者からの要請にこたえるための能力を構想しています。私たちのDAプログラム(Q1のアンバサダープログラムのこと)は、より多くの開発者の育成と成長を目指しているからです。よって、特別なプロダクトを追加するというよりは、むしろ既存のプロダクトを強化し、さらにアクセスしやすくすることで、世界の開発者が、それぞれのプロダクトを作る手助けをしようと思っています。


Q3:Hydroがほかの通貨と違うところはどこですか?目的は?主な機能は?
A:Hydroがほかの通貨と違うのは、分散型、中央集権型のどちらかに特化せずに、企業やアプリケーションを扱うということです。私たちは、すべての組織が必ずしもインフラを分散化する準備ができていないということを知っています。ですが、彼らは同時に分散化されたプロダクトを使用したいかもしれません。Hydroなら、それが可能なのです。


Q4:Hydro 2FA がCoinExのような取引所にどのような利益を与えられると思いますか?また、Google認証と比較してHydro 2FAは取引に悪影響を及ぼしますか?
A:私たちの2FA (raindrop client) は、例えば取引所にログインしたり、取引を承認する時に、モバイルフォンを使用することで個人認証を行います。SMSでの2FAは、乗っ取りに脆弱ですが、Hydro 2FAはその部分に関しても強化しています。セキュリティを強化するために、CoinExが私たちの2FAを使用してくれることを望みます。
A2:Hydro 2FAは取引所に有益です。なぜならGoogle認証よりも優れた認証メカニズムをもっているからです。取引所では、ユーザーログインは非常に重要ですよね。だからHydro 2FAも極めて大切です。私は、Hydro 2FAが取引に影響を与えるとは思いません。
A3:トレードに影響を与えることは想像できません。なぜなら、Hydro 2FAは取引所へのアクセスの為に使用されるものだからです。(取引所が大規模な取引の際に2FAを実行することを要件として実装しない限りは。)Hydro 2FAは、モバイルフォンを機種変更したときでも、同時に、そしてローカルですべてのアカウントを復元させることができます。その点でも、取引所にも有用ではないでしょうか。


Q5:Ethreumのシャーディングやプラズマのような技術を使って、トランザクションスピードを速くする予定はありますか?
A:私たちは、Ethreumのスケーリングの解決方法はもちろん、ほかのブロックチェーンの対応も含めて注意深く考察しています。Hydroが最上の方法で、成功することを望んでおり、スケーリング問題、トランザクション時間、取引コストを重要視しています。


Q6:CoinExは、ユーザーにHydro 2FA(raindrop)アプリを実装する予定がありますか?
A:すでにCoinExは 2FAのシステムを実装していますが、もしSMSベースの2FAの脆弱性を理解してくれて、Hydro 2FAを採用してくれたらそれはとても素晴らしいことだと思います。


Q7:もっと大きなパートナーとの提携、公開はすぐにありますか?
A1:私たちの渉外担当は、新しいポテンシャルのあるパートナーと絶えず交渉しており、スタートアップ企業はもちろん、ある程度経験のある企業も交渉に動いてくれているところを確認しています。もちろん、合法的な契約とパートナーシップの締結が必要です。
A2:サイトにパートナーページがありますが、間もなくFINDI consortium(金融分散化を支援するワーキンググループ)が追加されます。そこには、金融サービスアプリケーションの分野での分散化を促すためのミッションを共有するNGO、スタートアップ、技術企業がリストされる予定です。
A3:おかげさまで、Hydroはすべてのプロダクツで非常に大きな顧客パイプラインをもっています。


Q8:Hydroの実装は、どのくらいかかりますか?
A:私たちは、健全なプロダクトを作りながら、できるだけ早く仕上げるように努めています。今年中に「Snowflake」は完成させ、その次に「ICE」を予定しています。


Q9:いつHydroはバーンするのですか?

A1:私たちは、完全な分散化プランを発表する予定ですが、そのプラン発表後数週間は、Hydroトークンの供給需要に直接影響があると想定されます。このプランの発表には、バーンの計画も含まれる予定です。
A2:1~2年の間にコミュニティが成長するにつれて、私たちはHydroの大部分をコミュニティに移行することを目指しています。もしバーンが必要だとコミュニティがいうなら、それは実行されるべきです。



Q10:もし銀行が提携を拒否したらどうしますか?
A1:Hydroのプラットフォームを使用する企業は契約書に署名しているため、パートナーシップを拒絶するためには、この契約を破棄しなければなりません。
A2:私たちのAPIコードベースの大部分はオープンソースではありませんが、スマートコントラクト、SDK、そして開発ツールはオープンソースです。これらのシステム上に追加のオープンソースツールを構築するための報奨金も捻出しています。これにより、私たちのプロダクツを使用したいと思っている企業なら、だれでもシームレスに対応することができます。また、金融サービス分野での分散化を支援するワーキンググループ「FINDI」を立ち上げました。


Q11:(質問が消されたため不明)
A1:私たちが、開発者の生活をより楽にすることに焦点を当てるのは、ブロックチェーンをオンチェーンとオフチェーンのシステムに統合したいと彼らが思った時に、非常に役にたつと考えているからです。私は、人々の金融生活を強化し、中央集権的なシステムからの呪縛を解くことができるということに肯定的です。
A2:コアチームはHydroエコシステムに関して非常に熱心に取り組んでいます。ゴールは、将来できる限りのDAPPs、企業、ユーザーを得ることです。


<Round2>
Q12:Hydoroとは何ですか?教えてください。
A:Hydroは、既存のシステムの完全な修正をすることなく、金融サービスの多くの機能をブロックチェーン機能を使って強化することを目的とした、金融サービス中心のプロジェクトです。


Q13:次のビッグニュースはありますか?
A:間もなく詳細をプレスリリースで公表します。そこには長期的なパートナーシップについて記載があります。


Q14:多くのICOはScamであり、多くのユーザーを困惑させてきたと思っています。Hydroは革命を起こすことはできますか?また、Andy(Hydro運営の1人)さん、エイリアンの存在を信じますか?
Andy:もちろん!エイリアンはいますよ!思うに、宇宙は大きすぎて、生命体が存在するのは地球だけだという仮説は意味を成しません。どんな姿かたちなのかは想像できませんが、宇宙のどこかにはいるんでしょうね~。
A2:私は、Hydroはプロダクトの為に活動し、現実世界に適合させようとしている企業の最先端にいると思います。私たちはユーザーが簡単便利に使用できるブロックチェーンプロダクトを作ることに焦点を当てています。もっと多くのブロックチェーンチームが、Hydroのような方向性で活動してくれればと思っています。それには絶え間ないチームの努力が必要です。
A3:革命は起こせると思いますね!プロジェクト初日から、既存のビジネスで使用できる具体的なプロダクトを構築するという考えが出ていました。多くのブロックチェーンは、Web3.0全体がしっかり出来上がったうえで、現実的に人々の生活に影響を与えるように設計されています。そのため、大企業が最初にその方向に向かう事を阻害します。私たちは、大企業が、使用しているシステムを全体的に修正する必要をなくし、すぐに付加価値を見出すことができるようにプロダクトを構築することに重点を置いています。


Q15:ごく限られた人しかHydroを知りません。もっとシェアする方法はありますか?

A:そもそも、プロジェクトはまだ数か月前に始まったばかりです。私たちはコミュニティを0から10000人まで増やしました。すぐに10万人になると信じてます。


Q16:ビジネスパートナー向けに積極的にHydrogen のプロダクトを使用する方法について考えていますか?
A:もちろんです。私たちは既存のシステムを使用したビジネスに簡単に統合できるよう私たちのプロダクトを構築することに焦点を置いています。


Q17:Hydro 2FAは、大規模に導入されるでしょうか?
A:そうなることを望みます。私たちのBiZdevチームは一生懸命動いてくれています。Hydro 2FAを導入したいかどうかを決めるのはユーザー次第ですが…。


Q18:「FINDI」プロジェクトのパートナーについて。今話せることはありますか?サプライズ企業とかありますか?
A:ちょっとだけあります!すぐに企業のリストをもつことができるでしょう。「FINDI」は企業だけではりません。コンサルタント、政府、教育関係など複数あります。


Q19:hydroのアイデンティティ(個人証明)は、Civic(仮想通貨のプロジェクト)のものとはどう違うのですか?
A:Civicは、主にユーザーが積極的に使用できるデジタルアイデンティティに焦点を当てていますが、Hydroはユーザーが複数のアイデンティティを管理できるプロトコルを構築することに焦点を当てています。


Q20:次の大きな活動はなんですか?
A:個人証明ソリューションのSnowflakeですね。方向性について今週ミーティングを行いました。そして現在、このSnowFlakeについては、柔軟かつモジュール化された方法で様々な身元証明(政府、ブロックチェーンベース、ソーシャルメディアなど)を可能とするユーザー所有のプラットフォームだと考えています。私たちはこのビジョンをスマートコントラクトを完成させることで構築し、Snowflake上に構築されたプロダクツをいくつか立ち上げる予定です。


Q21:TDバンクのプレスリリース情報は、今月末にはリリースされますか?TDバンクが利用する機能は何ですか?すでに取り組んでいるアプリケーションの一部の事を言及していますか?
A:すぐに正式リリースがあります。TDバンクはカナダ最大の銀行でかつ資産管理会社です。そして、多くの管理の為にプラットフォームを使用することになるでしょう。残念ながら、パートナーシップに関して彼らはまとまる前にうっかり話してしまいましたので、より包括的なプレスリリースを作成中です。来週末(8/5)までに承認されることを期待します。


Q22:①いつHydroの顧客とビジネスパートナーを発表しますか?アナウンスから時間が経過していますが。②マーケティングチームを強化しますか?③いつDAはアナウンスされますか?④CoinExと提携して2FAを使用する予定はありますか?
A:①私たちは既にいくつか(Pricnipal、CI、TDなど)リリース済です。時間の経過とともにさらに提携をしていく予定です。私たちは、統合パートナー、コミュニティパートナー、コンソーシアムメンバーを紹介する公式サイト内のページを既に持っています。私たちは、宇宙で最も透明性の高い企業ですが、合法的に可能な限りで迅速に動くことになります。
注)②以降の回答はなし。


Q23:Hydro Raindrop(2FA)の使用についてほかの取引所から申請はありましたか?
A:数か所の取引所と話し合いをしています。


Q24:Hydro community、特にこのテレグラムにいるメンバーは、非常に熱心で、Hydroトークンの短期価格には焦点をおいていないように思えます。あなた方はコミュニティが大きく成長していることを知っていますか?どうやって短期間でこのようなコミュニティを形成したのですか?
A1:はい、100%知っています。Hydroは分散型のプロジェクトで、コミュニティはそのために不可欠です。このコミュニティは、コア開発者と同じくらいの影響力があります。Hydroが真に成長するためには、私たちは皆、言葉をひろめ、コードを書き、ホワイトペーパーを実現することによってかかわる必要があります。
A2:コミュニティが非常に支持的であることに大変感謝しています。また、私たちは分散型バウンティ(報奨プログラムーHydroコミュニティ開発プログラム)の範囲を拡大できることに非常に興奮しています。私たちは、Hydro プロダクツの拡大と統合に寄与したコミュニティメンバーに賞金としてHydro トークンを提供してきましたが、それは私たちのエコシステムの中でコミュニティを活発化させるのには良い方法だったと信じています。
A3:初期のエアドロは、Githubアカウントを持った技術者をターゲットにしていました。メッセージは全て開発に関する事ですし、私たちのコミュニティがHydro プロジェクトを理解するのを手助けするためにできる限り多くのコンテンツを出すようにしています。私たちが構築しているものに実際に興味をもつ人たちは、環境にこだわる人たちです。私たちは、DAプログラムを利用して、グローバルな開発者集団になるため、このコミュニティを育成しています。


Q25:もしTDバンクが競合他社から何かを隠すためにHydroとの提携や何を検討しているのかを公表しなかった場合、コミュニティの期待感は満たされると思いますか?
A:Hydroが素晴らしいところは、すべてのプロダクツが消費者、ユーザーに見えることです。なので、それほど驚きはありません。


Q26:Hydroはずっと素晴らしい状況をキープできると思いますか?それともお金があなた方を変えてしまうのでしょうか?私はHydroが大好きです。なぜならHydroとフリーエアードロップのお蔭で現在幸せだからです。なので、ずっとHydroには素晴らしい状況でいてほしいのです。
A:ずっと素晴らしいと思いますよ!ハハハ!私たちは行っている活動についてとても楽しんでいるし、作りたいと思っているものの最終形を常に創造し続けていますので。
運営:スパムが入りました、すみません。


Q27:Hydroチームは、流動性の促進のためにどのようなタイプのインセンティブ機能を提供する予定なのですか?
A:何に対して言及しているのかわかりませんが、マイニングのことですか?私たちはERC20でプレマインを行っています。


Q28:Hedgeable(アメリカの企業)と距離を置く理由はなんですか?お互いに利益をもたらし、それぞれの強みを補完できなかったのでしょうか?
A:彼らは法的には2つの別々の会社です。ですので、私たちもそれぞれを別個に扱っています。


Q29:Hydro 2FAを導入すれば、私のアカウントはより安全に、そしてトランザクションはより早くなるのですね、素晴らしいです。またウワサで聞いたのですが、Hydro 2FAとGoogle認証を選べるそうですね。これは本当ですか?どちらを使うか決めてない相手に対して選択肢を与えるということは、より素晴らしいことだと思います。
A:その通りです。ユーザーはプラットフォーム上で、どちらを選ぶか、それとも両方を選ぶかを選択する権利があります。


Q30:いつHydroについての大規模なPRがみれるのですか?
A:お伝えできるときにお伝えします。


<Round3>
Q31:COinExはHydro 2FAを採用しますか?
A(CoinEx運営が答える):私たちはあなたの提案を研究開発チームに伝えます。どうなるかはわかりませんが、今しばらくお待ちください。


Q32:CivicとHydro Snowflakeの違いは何ですか?両方とも個人認証をするという意味では同じですが。
A1:Snowflakeは、個人認証自体というよりも、個人認証プロトコルです。Snowflakeは、様々な認証データを一緒に保管することを可能とします。
A2:違いは、Snowflakeのほうがより拡張性があるということです。Snowflakeを使えば、Civicだけでなく、UportやSelkeyのような異なるブロックチェーンにも対応することができます。これにより、完全なオンライン識別が可能となります。
A3:Hydroのエコシステムは、金融サービスの需要を目的として作られています。金融OSのように考えてください。


Q33:Loius(CoinEx運営、テレグラムでのアイコンはDOGE(柴犬))さんは、実は柴犬ですか?
Louis:違いますよ、でもそうなりたいと思っています。


Q34:将来リリースするであろうプロジェクトやプロダクトに関して提携しなければならないと考えている企業はありますか?TDバンクより大きいですか?
A:私たちのCRM(Customer relationship management )には、数百の企業やパートナーがあります。コアチームは1日10以上のミーティングを行っています。世界中にいるコアチームでないメンバーも、パートナーを得るために一生懸命動いてくれています。


Q35:Hydro 認証が、Google認証より優れているところを教えてください。
A:2つの大きな違いは、Google認証は共有化された秘密に依存していますが、Hydro認証はそうでないということです。Google認証は、ユーザーとWebサイトの両方にユーザーアカウントを侵害する可能性がある情報が残っていますので、もし秘密が漏れるとすればどちらからも可能性があります。Client Raindrop(Hydro認証)を使えば、ユーザーのAPPにのみ秘密が存在しますが、それが意味するところはモバイルフォンを持っている限りは、アカウントは安全だということです。


Q36:Hydro以外に、興味をそそられたり、面白いと感じているプロジェクトや通貨はありますか?
A1:たくさんです!多くの時間をリサーチに費やし、多くのプロジェクトについて学んでいます。そうすることで逆に自分たちのプロジェクトを見直し、初心に帰ることができるのです。特定のプロジェクトに言及するつもりはなく、多くのプロジェクトが興味を湧き立てます。
A2:真に技術的な面から、ETH、NEO、EOS、ADAのようなプラットフォーム開発に興味があります。誰が頂点に立つのかも気になりますね。また、IOTAやNANOのようなDAGも面白いと思います。NANOのホワイトペーパーを読むのが好きですね。


Q37:少数精鋭で大丈夫ですか?

私たちには素晴らしいコアチーム、素晴らしいコミュニティがあります。そしてプロダクツ開発に焦点をあて、Fintechの分野で10年に近いほどの経験と関係をもっています。私たちはいちからFintechアプリケーションの1つを作りました。ですからどのように機能するかは熟知しています。


Q38:Apple StoreでHydro アプリをローンチする理由、それに付随する利益はなんですか?

A:私たちのモバイルアプリは、私たちの認証プロトコルの実装です。サポートするプラットフォームならどこでも、制限なしの利便性のよい実装を提供します。


Q39:Hydroは私たちの生活をどのようにかえるのですか?
A:世界的な完全分散型エコシステムを構築します。その可能性を考えてみてください!私は今朝、遠隔地のコミュニティメンバーと話をしました。彼らはモバイルフォンをもっています。最高のFintech製品であるHydroにアクセスしない理由がありますか?これがHydroの力です。


Q40:FINDIプロジェクトで、ほかのブロックチェーンや通貨との提携を申請しますか?
A:はい、ほかの通貨、トークン、ブロックチェーンも参加しています。


Q41:もし私たちがCoinExのAPPを使う場合、自動的にHydro 2FA APPが開くことは可能ですか?いちいちログインをしたりするのは面倒です。
A:CoinExやほかのサイトは、彼ら自身のAPPに直接Hydro 2FAプロトコルを導入することができます。その場合Hydro APPを開く必要は全くありません。ただ自然に使うだけでOKです。ここに記事がありますので、参考にしてみてください。
https://medium.com/hydrogen-api/how-to-use-client-raindrop-without-using-the-hydrogen-api-bb04934ae293


Q42:エアドロをしていた当時、あなた方は株式取引所には上場しないと言っていました。すべてのウェブサイトでもそんなように書いています。どうして心変わりをしたのですか?

A:Hydroは株式取引所にはありませんし、株式でもありません。ユーティリティトークンであり、ユーティリティトークンのプラットフォームに追加されていきます。


<おまけround>
Q43:Hydro 2FAを使用する場合、どのようにして国家安全保障の壁を超えるのですか?
A1:国家安全保障ですか?意味するところは提携する国のレギュレーションのことですか?それはパートナーが対応すべきことであり、Hydroは技術を提供するだけです。
A2:国家安全保障ですか?特定の国(暗に中国)を指しているように聞こえますね…。


Q44:いつDAはリリースされるのですか?
A1:DA'S(DAメンバー)はDAプログラムの中で選出されます。8月中旬には、最初のいくつかをアナウンスできるよう検討しています。
A2:まもなく選別は終わります。つぎの選別は8月になるでしょう。


Q45:どのように「ICE」は機能するのですか?
A:「ICE」はまだ進行中のプロジェクトです。私たちは人々が文章に署名し、その情報をスマートコントラクトで保管できるようにしたいと考えています。同時に、ドキュメントのロック、保管など多くの事を検討しています。ホワイトペーパーのドラフト版をチェックすることをお勧めします。


Q46:Google 2FAは今のところ最良です。Hydroは今のところすべての面で負けてます。もしGoogleがHydroと同じように開発をした場合、どのように対処しますか?
A1:2FAは、Hydroにとって可能性を秘めた1つのケースにすぎません。Hydroは市場に向かうプロダクツです。多くの使用用途(個人認証、文書、支払いなど)をもっています。これらは何千というDAPPSを持つことになるでしょう。そうゆう意味では、Google認証は競争相手ではありません。より多くの包括的なプラットフォームがあるからです。Hydroはプロトコルであり、プラットフォームです。それはイーサリアムのインフラの上に成り立っています。
A2:2FAはブロックチェーンフレームワークの1つのアプリケーションにすぎません。実際には、ユーザーが金融エコシステムにアクセスするための出入り口として機能する事になります。もしGoogleがブロックチェーンベースの2FAを構築するならば、より強力な力が彼らに与えられるでしょう。結局のところ、私たちのコードはオープンソースだからです。重要なのはHydroエコシステムを使用するユーザーが、個人認証や文章保護の際に安全であるかどうかということです。


Q47:HydroがFintechアワードを受賞したことについておめでとうを言いたいです。どんな感想をもちましたか?受賞の恩恵はありますか?受賞に際して、苦労はありましたか?
A:素晴らしかったですよ!私たちは200以上の企業を退け、勝利を手にしました。もっと多くの賞がすぐそこにあると信じています。受賞をしたことで、潜在的パートナーに対して大きな信頼を与えていると思います。


最後に
素晴らしい質問をどうもありがとう!テレグラムやDiscordに参加してもらって、将来について語り合いましょう。Hydro communityは、金融サービスを変えるという使命に燃えています。

↑ここまでです。


いかがでしたでしょうか。具体的な数字や日取りは少なかったですが、Hydroの方向性は示されていたように思います。そして最後にCoinEx運営よりアナウンスがありました。

今後、特定の金曜日は「AMA曜日」として、より多くのゲストを呼ぶ予定です!

今後も金曜日にはこのようなAMAを予定するとのことです。これは有益ですね~。発表次第では市場に影響があるかもしれませんし。チェックはしておいてよいですね。


ちょっとCoinExに興味がわいてきた方へ

CoinExはこちらから登録できます







↑このページのトップヘ