カテゴリ: 入出金トラブル・不具合

CRYPTOPIA

先日CRYPTOPIAがYahoo!ニュースに載りましたね!!えっ?そんな記事があったっけ?という方。ぜひご覧ください。

CRYPTOPIA

目次
①Yahoo!ニュース2月7日の記事

②CRYPTOPIAを作った人々
 
③サポート対応がひどいというウワサ

なんかもう、さんざんな言われようでしてCRYPTOPIA好きなワタクシも愛おしさを通り越して悲しくなる場面もありますが、お伝えしていきます。

①Yahoo!ニュース2月7日の記事

詳しくは、「ITmediaNEWS」でした。以下記事になります。
c2
c3
参照元:Itmedia

まだまだ盛んなcoincheck XEM 流出問題の記事です。どこにあるんだよって?最後の3行です。

「このメッセージの後、犯人のアドレスから他のアドレスを経由して、ニュージーランドの仮想通貨取引所Cryptopiaへ1000XEMのトランザクションがあったという」

ま、ぶっちゃけ一行なんですけどね。サムネにつられて…と言わないで。でも、ちょっと待ってください。この文って、仮想通貨をよく知らない方が見たら「CRYPTOPIA」って取引所も危ないんじゃないの?と思わせるには十分な内容ではないですか。炎上しているかもと思いネット検索をしてみるも特になし。話題になっていない、というか平常営業。TBSラジオでニュースを聞いてみましたが、「ニュージーランドの取引所」としか言及していませんでした。それはそれで悲しいなァと思いつつ、まだまだCRYPTOPAの知名度のなさを痛感したのでした。それではということで、この場で「CRYPTOPIA」の歴史を紹介したいと思います。

②CRYPTOPIAを作った人々・歴史

これは、2018年1月6日に発生したサーバーメンテナンス(DOGE/LTC建ストップ)の際のCRYPTOPIAの公式アナウンスになります。太字がノリヒロの勝手な解釈です。(英訳はかなりの意訳です。了承ください。)
*************************************************************
Hi、僕は Rob Dawson(以後 僕)。CRYPTOPIAの共同創業者の1人だ。僕とAdam(以後アダム・もう1人の共同創業者か)は、他の取引所で嫌な経験があったので、自分で使えるサイトを作ろうと、趣味でCRYPTOPIAを作りはじめた。

創業者は ロブとアダムですね。
CRYPTOPIAは最初趣味程度だったんですね。


開発期間を経てCRYPTOPIAを作り、会社を設立、2014年12月に本稼働にこぎつけた。最初の2年間は従業員は僕とアダムだけで、フルタイムの別仕事をしながら、暇とお金をCRYPTOPIAにつぎ込んだんた。

最初は副業、しかも従業員は2名だったんですね…。

昨年(2016年)は、仕事を辞め、CRYPTOPIA1本にしたんだけど、資金と人材が不足しはじめた。だからやめようかと思ったんだ。30000人以上のユーザーがいたこと、取引量もかなりあることを誇りに思っていたんだけど単純に人材が不足していた。(本文では不足していたのは「resource」と書かれています。内容的には資力・人材と思います)

ついに専業に。ユーザー人数と取引量があったら2名じゃ足りないでしょうね。

だけど、僕らはやめなかった。なんとか調整をつけたんだ。2017年12月1日までに50万ユーザーになった。12月31日には100万ユーザーを突破、以降も増え続いたので新規ユーザー登録を停止することになった。

やめなかった決断はスゴイ!2017年後半~は、新規登録者ラッシュでしょうからどの取引所も新規登録を中止してましたもんね。びっくりしたでしょう。そもそも、2人じゃキャパ的に無理ですね…。

スタッフも50人以上にした。できるだけ早く、倍のスタッフにしようとしている。ただまだ僕たちが直面している問題を解決するのに十分な力量はないので苦しんでいる。

ちょっと増員が遅すぎる感はありますが。でも真摯に対応している姿は共感します。


どうか一緒に耐えてほしい。自由に取引できない事がユーザーにとってどんなにイライラする事か僕たちは理解している。ただ、僕たちは、暗号通信やブロックチェーン技術のど真ん中にいる。CRYPTOPIAはこの進化の中で素晴らしい質を誇るプロバイダーであり続けようとしている。(だから、待ってほしいということでしょうか。)CRYPTOPIAを支援し、僕たちのコミュニティの一部でいてくれることに感謝します。Thanks。

お願いされました。泣ける話ですね。一緒にCRYPTOPIAを盛り上げってほしい旨がひしひしと伝わってきます。頑張れと応援したいです。
****************************************************************

かなりの色眼鏡でつっぱしってみました。ロブさんの文章で、だいたいCRYPTOPIAがわかっていただけたでしょうか。要するに間に合ってないと…。なお、この後1/13BTC/USDT/NZDTの板は復活。2/12時点でもまだLTC/DOGE板は稼働していません。4月に始まるかも…というウワサが出始めました。特にDOGE建は、CRYPTOPIAの生命線と思ってます。頑張ってほしいです。

③サポート対応がひどいというウワサ

そんなこんなですから、サポート対応は期待できないでしょうね…ある意味期待通りです。CRYPTOPIA Twitterでは、毎回このようなバトルが繰り広げられています。
ある日のツイッター
①運営さん
Happy Mondayだぜイエイ!
ちょっと前の週から新しいコインを続々と投入しているぜ!CRYPTOPIAへようこそ、〇〇〇、▲▲▲。(〇〇〇、▲▲▲はコイン名)
絶好調ですね、運営さん。

②Aさん
withdrawしてから1週間、まだトランザクションIDが割り当てられません。TICKETで質問もしました。すぐに対応してくれることを望みます。ツイート内容ではなく、いきなりサポートの件ですか、いやな予感。

③助け舟Bさん
Withdrawのキャンセルをしてみてはどうですか?など、たくさんの助言をしてくれる。
外国の方は、やさしい人が多いですね。ただ、問題はまだ未解決です。

④なぜか激怒のCさん
こんなクソコインを追加するんじゃなくてカスタマーサポートがTICKETに答えられるようにしろよ!
いきなり、ぶっこんできました。でも、正論ですかね。

⑤切羽詰まったDさん
hey、僕のCryptopiaアカウントがハッキングされたよ。コインが勝手に売られたり、Withdrawされたりしてる。どうか助けて、PLZ help me!。
本当だとしたら大変な事態です。ただ、これに対してもTwitterでは無回答。

⑥阿鼻叫喚Eさん
お金返して!!!サポートはまったく機能していない!!TICKET info、TX ID等
いきなりお金返してとは、ただ事ではありません。ツイートする人は、だいたいTICKET発行しています。やっぱりサポート対応ができてないのでしょうか。


以降淡々とクレームが続く…。
これ、嘘じゃないですからね、ある日のTwitterです。全てが事実と判断するのはどうかと思いますがすごいクレームの量です。少なくともTICKETが機能していないのは厳しいです。YobitもCoinExchangeも、遅いですが、回答はありましたので…。XEMの問題で忙しいとは思いますがカスタマーサポートの充実は必須ですね。

結論としては、けっこう微妙ではなくかなり微妙な(ヤバイ)取引所という結果でした。本当に頑張ってほしいです。ロブさんの言葉を代返します。とりあえず言いますね。

人が足りないんです!



もう1回言いますね。

人が
たりないんです!



言ってて悲しくなってきました。なんか残念なことばかり言ってきました。ですので、機会があったら次は「こんなにすごいよCryptopia」という特集をしてみたいと思います。

と、ブログをアップした日にSCAM注意喚起のコメントがCRYPTOPIAニュース板に…。おい、サポートがちゃんとしていないからこんな事になっているのではないのか?運営、しっかりして~。
本日もよいCryptoLIfeを。
ありがとうございました。

2


こんにちは、ノリヒロです。
自分の不注意で仮想通貨を喪失することをセルフGOXとよびますが自分がGOXの憂き目にあう可能性もゼロではありません。そこで、今回は入出金のトラブルについて少ないですが事例をあげてみます。
ノリヒロの経験談です。

入出金トラブル事例

①入金遅延(Yobit⇒CoinExchange)
②入金保留(CRYPTOPIA⇒Yobit)
③入出金不能(CRYPTOPIA)


Yobit出金⇒CRYPTOPIAへ入金。アビトラ目的での移動でした。出金したコインは  MustangCoin(MST)。出金までは、問題がなかったのです。入金先CRYPTOPIAの「Confirm(承認)」の数字を見てびっくり。
confim1


一番右側がConfirm(承認)なのですが、なんと  200!!「DOGE」 が6、「LTC」も6、それまでの草コインも経験上「20」だったのでびっくりしました。もちろんアビトラには間に合わず…届いたのは送金の3日後。お約束で、入金後の値段は送金時の半額…。正確に言うと、これは送金遅延ではない、デフォルトで遅いんでしょうね。トラブルではないですが、完全な無知が招いた事故ということでご紹介させていただきます。まだまだ、勉強中の為調査できなかったのですが、あらかじめ承認の数がわかったりはしないのでしょうか?公式ページでは、もともとはPoWで、現在はPoSに移行したような事が記載されていました。ノリヒロが送金したときは時系列では既にPoSに移行したと思われる後だと思います。PoSってそんなに遅いイメージがないのですが、どうなのか。これについては理解ができ次第更新していきます。

CRYPTOPIA出金⇒Yobit入金。アビトラ目的の移動でした。出金したコインは CorgiCoin(CRG)。CRYPTOPIAでの出金までは問題ありませんでした。Yobitでの入金を待っていたのですが、2時間待ってもConfirmどころかトランザクション等の履歴も表示されない状態。TX ID と Depposit Address を検索、Explorerから状態確認。処理が途中で止まっていました。他のブロックは正常に動いています。(TX ID Deposit Address の解説は こちら からどうぞ。)そこで、Yobit のWalletを再度確認すると…なんとメンテナンスの文字が。送金する前にはメンテナンスではなかったはずです。
なんというタイムラグ…。そこでYobitのSupportに問い合わせてみることにしました。
問い合わせ方
①Yobitの取引画面の「Support」というタブを選択します。
②青い「NEW ticket」といボタンをクリックします。
 取引所での問合せの際は、「ticket」を発行します。
 「Ticket」は問合せ整理券みたいなもので、その整理券に
 紐づいて問い合わせ、回答がされます。
    回答もこの「Support」ページから確認します。

ticket_LI
Your E-mail:登録の際のe-mailadressです。
Answer language:タブ選択。「English」「Russian」のみ。
Message type:問い合わせの種類を、タブで選択します。
                         「Money Deposit」(入金)
       「Money Withdrawal」(出金)
       「Trade/Balance」(取引/残高)
       「inform about error」(エラー報告)
       「Other」(その他)
Subject:題名
Message text:詳細  
最後に「send Message」を押します。

ノリヒロの場合はこのように入れました。
************************************************************
Message type:Money Deposit
Subject:tell me when the maintenance of corg coin will be over
               コーギーコインのメンテナンスがいつ終わるか教えてください
message text:I sent corg coin to yobit's onlinewallet from another marcket at 〇/〇/2018 ×:×pm.
At that time it was not under maintenance mode.But until now maintenance has been continuing and
i cannot confirm the deposit. Please tell me when maintenance will be over and why the maintenance
begun.I am at a loss to do.TX-ID:80×××××××××××××××××××××××v×9
2018年〇月〇日
×時×分に他の取引所からYobitのwalletにコーギーコインを送りました。
その時はまだメンテナンス中ではなかったのですが、現在メンテナンス中で、こちらのデポジットが確定できません。いつメンテナンスが終わるか、どうしてメンテナンスがはじまったのか教えてください。当方困惑しています。
TX-ID:80×××××××××××××××××××××××v×9
***********************************************************
説明する際は、必ず TX-ID は本文に入れるようにしましょう。また、Yobitの場合は、「send message」ボタンを押すと登録したメールアドレスに最終確認のメールが届きます。そこで「Confirm 」ボタンを押さないと、メッセージが送信されない仕組みなっているようです。取引所によって異なりますが、注意しておきましょう。

1回目送信後1週間レスなし。
2回目、同じ文言を再送信。(同じticket内で再送信)
すると半日ほどでYobitから連絡がきました。
Wallet  is on maintenance.
The solution to this cryptocurrency will take some time, need to update the wallet.
We apologize for any inconvenience

ウォレットはメンテナンス中です。回復までには時間がかかります。Walletのアップデートが必要です。ご迷惑をおかけします。

定型文でしょうね…。そこで再度同じ内容の文章を文言を変えて送ってたのですが、音さたなし。メンテナンスから1か月が経過しようとしています。まあ、メンテナンスWalletに送った自分が悪いのですが。


CRYPTOPIAには基軸通貨としてBTC/USDT/NZDT/LTC/DOGEの5種類がありました。2018年1月6日、突如サーバーがダウン、取引所へつながらない状態となり、その後取引所は復活したのですが、その原因となったLTC/DOGEでの取引は停止、及び預けていたコインが動かせない状態となっています。(LTC、DOGEでのみ購入できる通貨が動かせない対象です)

現在騒がれているCoinCheckの状態と同じですが、これにはおまけがあります。CRYPTOPIA運営も善処してくれているようで、上記動かせなかったコインをこっそりとBTCで取引ができるように変更してしれっとBTC板にのせています。その結果…取引所が停止した時のレートでアップしたのか、暴落急騰が多数でました!!BTC板の前日比の上位10番目くらいまでは1000%を超える上昇率になってました。確認した段階では、1位は44000%プラスだったと思います。

上昇率
Aコイン 44000%↑
Bコイン 8000%↑
Cコイン 7500%↑
Dコイン 6000%↑


ここから、ヨーイ・ドンで下がっていきました。底打って、リバウンドして…を繰り返して1日くらいは結構高値で取引されていたと思います。完全に事故ですが、天井で売れた人もいるんでしょうね、うらやましい…。ただ、まだ動かせない状態のコインはありますので、もしもっている方がいたら注意してみてください。参考までに前回の投入は日本時間朝7時30分~8時45分の間でした。CRYPTOPIAの本拠地はNZですから、日本との時差は4時間。(日本が遅い)。NZ時間のランチ後、午後一番で動かしてきたのでしょうか。ノリヒロもまだ動かせない状態のコイン持ってますので…楽しみです。


次回は、アビトラ(アービトラージ)についてを予定しています。
本日もよいCryptoLifeを。
ありがとうございました。
 

2018020501

こんにちは、ノリヒロです。
前回は出金処理を完了させるところまでお伝えしました。今回は、入金確認までの流れ、起こるかもしれないトラブル等について解説します。なお、サンプルでは、CoinExgchange(出金元)からCRYPTOPIA(入金先)へコインは「DOGE」コインを送る例になっています。

覚えておきたい用語です。簡単な説明になります。
Transaction ID(トランザクションID・以後TX IDと表記します)
どの通貨が、どのくらいの量、どこへ送られたかを示す取引IDです。 取引でトラブルになり問い合わせる場合は、必ず必要になります。
Confirm(ation)(カンファーメーション)
コインを受け取るまでに必要な承認(の数)です。承認を受けることで、コインの台帳であるブロックチェーンに取引が書き込まれすべて承認が完了すると、取引完了、コインの移動が完了(入金)します。
例)confimの表示が 0/6 の場合、コイン移動まで6段階の承認が必要となります。現状はまだ0承認であるということです。
Explorer(エクスプローラー)
:荷物の追跡サービスのようなものです。
   TX ID やDeposit Adressから、現在のコインの移動状況を把握できるサービスです
Coingecko(コインゲッコー)
 CMC から確認ができます。

例)CMCの場合
コイン名で検索した画面の左側「Explorer」「Explorer2」「Explorer3」がExplorerになります。それぞれ違うサイトですが、調べる内容・方法はほぼ同じです。なお、Explorerは第三者が作っている「検索のためだけのサイト」ですので、サイトに不具合を連絡しても対応のしようがありませんので、ご注意ください。

情報5

Withdraw(出金処理後)の流れ

それでは、出金処理後の流れになります。

①出金元からコインが出金されたかを確認する

今回の例では、CoinExchangeから出金がされたかを確認します。
取引画面から「MY ACCOUNT」→「Withdrawls」を選びます。Withdrawlsの履歴の画面です。
2018020503_LI

左から
TIME(送信した時間)/Coin(コインの種類)/Amount(数量)/Fee(手数料)
ReceivingAddress/txid(送信したDeposit ID(上)と TX ID(下))/Status(状況) 

<第一段階 送信した履歴自体がない場合>
送信したTime、Coin、Amountの履歴がない場合は、CoinExchange内で処理を行っている最中です。アップされるまでは待つ事になります。
<第二段階 Time、Coin、Amountの履歴がアップされた場合>
TX IDが未記入、Statusが「Pending」の状態になっていると思います。この状態も、その2つがアップされるまで待つ事になります。
<第三段階 TX IDが記入された場合>
TX IDが記入され、「Status」が「Completed」になった場合はCoinExchange(出金元)での処理は完了です。CRYPTOPIA(入金先)の処理に移ります。

この段階での問い合わせは、出金元(今回の場合はCoinExchange)にすることになります。基本的にはこの流れはどの取引所でも同じです。ただし、前回お話したように、取引所によっては出金処理後にメールで最終確認をする場合があります。それをし忘れると、いつまでも第一段階にすらなりませんのでご注意ください。


②入金先にコインが移動しているかどうかを確認する

今回の例では、CRYPTOPIAにコインが移動しているかどうかを確認します。
取引画面から、「$ビットコインマーク」→「deposit」→「view Deposit History」Deposit Historyの画面です。
2018020504_LI

左から
#(通し番号)/Currency(コイン名)/Amount(コイン数量)/Status(移動の状況)
Type(送金の種類、早さ)/Transaction(TX ID)/Conf(承認完了数)/Time(時間)
<第一段階 履歴がまったくアップされていない場合>
コインの種類にもよりますが、15分~30分でアップされるのが普通です。アップされない場合は、そもそも送金処理が完了していない、Walletがメンテナンス中なのに送金してしまった…などが考えられます。
<第二段階 履歴がアップされた場合 >
履歴がアップされた場合、コイン名、数量TX IDは確認をしましょう。同じであれば、Walletの入り口までは届いています。この際、Confirmation(承認)が未処理ですので、Conf.のところが0(ゼロ)/▲▲(▲は数字。コインによって数字が違います)になっています。
今回のDOGEでは数字は6でした。画像では6/6となっていますが、最初は0/6からはじまり、時間を経て6/6まで至ります。この▲▲の部分は、コインによって数字が違います。この部分の数字が大きいとそれだけ入金まで時間がかかる場合が多いです。また、処理は、コインごとに第三者によって行われますので、人気のないコインだと数字が小さくても処理がされにくい可能性があり、その分入金が遅れる場合があります。
<第三段階 承認が完了した場合>
承認が全完了すると(今回の場合は6/6になると)、「Status」が「completed」に。ここで初めてコインの入金が完了となります。お疲れ様でした。この段階での問い合わせは、基本的には入金先(今回の場合はCRYPTOPIA)にする事になります。ただし、注意しなければならない場合があります。

①第二段階で分子の数字が進まないときは、前出のように処理を行う人がいない
処理が遅延しているなど処理自体に問題がある場合が多いので、入金先に問い合わせをしてもどうしようもありません。基本的には処理が終わるまで待つことになります。ただし、Bitcoin talk にかけこんで、処理をしてほしい旨をコイン専用の掲示板にお願いをしていた人もいました。うまくいったかどうかはわかりませんが…。

②第一段階で「Walletがメンテナンス中なのに送金してしまった」場合は、いちおうは入金先(今回の場合はCRYPTOPIA)に問い合わせをすることになりますが、こちらも反映されるのはいばらの道です。最悪の場合、そのコインは宙ぶらりんのままになってしまう可能性が高いです。受け取る先のWalletがメンテナンス中でも送金できてしまいます。送金する際は必ずWalletの状態を確認していただければとおもいます。Walletの状態の確認の仕方は、こちらからどうぞ。

①、②ともノリヒロ経験有りです。次回お話させていただきます。
次回は入金・出金トラブル事例 です。

本日もよいCryptoLifeを。
ありがとうございました。

↑このページのトップヘ