第9回上場投票 新アフィリ制度導入? Binance 8月15日~9月4日の動向。こんにちは、ノリヒロです。最近のBinanceは、一時期の上場ラッシュは落ち着き、内部プロジェクトに重点を置いています。それではいってみましょう。

第9回上場投票 新招待導入? Binance 8月15日~9月4日の動向

目次
①上場・コンペ

②コミュニティ・マンスリーハイライト

③各プロジェクト進捗

④今週のCEO CZ

①上場・コンペ

◆8/15 YOYOW取引量コンペ
Binanceはコンペ対象の通貨(今回の場合はYOYO)を報酬として配布していましたが、最近はコンペに参加してくれたユーザーにランダムでBNBを付与する事が増えています。大口ユーザーだけではなくほかのユーザーもケアしてくれているのは好感が持てますね。今回のBNB付与は100BNB/アカウントです。もらって案外嬉しい100BNB。

◆8/21 HSR⇒HC メインネットスワップ

◆8/22、30 Nulsメインネットスワップ+取引高コンペ
NulsはもともとはERC20トークンでしたが、メインネット移行に伴い独自のチェーンになります。Binanceはメインネット移行にも非常に寛容で、ほぼ受けて入れて対応してくれます。また、その後の取引量の回復のためにコンペを行ってくれることもしばしば。このあたりは考えていますね。

◆8/28  NPXSの配当計算変更のお知らせ
NPXS(PundiX)は、保有する量に応じて、36か月間、毎月配当のようなものをもらえる仕様となっています。その計算方法の変更のアナウンスです。Binanceは、毎月の配当時にツイートで知らせてくれます。このあたりもぬかりないですね。

◆9/4 第9回上場投票終了 勝者は GO(Gochain)
第9回上場投票のノミネートは5通貨。
  1. Byteball (GBYTE)
  2. Cortex (CTXC)
  3. Everipedia (IQ)
  4. GoChain (GO)
  5. MediBloc (MEDX)
勝者は GO(Gochain)となりました。CoinExに上場しているCortex(CTXC)は今回は残念な結果となりました。「今回は比較的落ち着いた上場投票だった。満足している」というCZの言葉からも、注目度はあまりなかったかもしれません…。
とはいえ、Go(GOChain)は通例であれば9/5、9/6にも上場が予定されます。ホルダーの方は更なる情報を待ちましょう。

②コミュニティ・マンスリーハイライト

◆8/16 ベトナム(ハノイ)ミートアップ
ベトナムにも現地チームがあるんですね~ワールドワイドなバイナンス。


◆リヒテンシュタイン公国でのFiat取引所開設
lihitensyutain
リヒテンシュタイン公国でFiat取引所を開設することが発表されました。リヒテンシュタイン公国はスイス付近にある小国ですが、ブロックチェーン、暗号通貨に関しては受け入れやすい方策をとっています。既に3月末には別銀行で暗号通貨のサービスが開始されていますが、スイスフラン(CHF)とユーロ(EURO)ペアを検討中、上場通貨はBTC、BCH、LTC、XRP、ETHの5通貨をまずは考えているようです。

◆9/4 ミートアップ ポーランド(LODZ ウッジ)

◆マンスリーハイライト
1
2
3
4
5
6

ここ1か月成果を振り返っていますね。やはりTRUSTの買収が目立っています。

③各プロジェクト進捗

◆Binance info
BinanceInfoとは、バイナンスに上場している通貨だけでなく、現状存在する様々な通貨のデータをBinance独自で収集、集計をして、データベース化しているサービスです。Web版では、ユーザーがカスタムすることも可能となっています。

①8/17  APP Beta版リリース
アプリのベータ版がリリースされました。Binance自体のアプリとは別に、情報も掲載されているようです。

②8/29  Info改善のアンケート募集
もっと使いやすくするための改善提案&アンケートを募集しています。Webサイト、アプリなどの評価を10段階で記入できるような仕様となっており、また個別に意見を記入できるスペースもあります。興味がある方はアンケートに参加してみてはいかがでしょうか。

◆Binance Academy
ブロックチェーンの啓蒙活動を主に行っています。また、コードコンペなども行い、技術支援にも力を注いでいます。
①8/17  メーカー、テーカーとは?動画で説明



②8/27 BNBとは?動画で説明


他の取引所に比べると、シンプルな内容となっており、わかりやすいですね。英語対応です。


③9/3 マイニングとは?どのくらいのコストがかかるの?動画で説明

こちらは、以前募集されたブロックチェーンに関する動画投稿で上位に入った動画でしょう。Academyでは、優れた動画は率先して公式Web上に公開されます。投稿者も、少額ではありますがインセンティブがある&BInance公式上に公開されるので、やる気が出ますね。

④ブロックチェーン関連の動画再募集
ブロックチェーン関連を説明した動画を募集します。今回で2回目ですね。優秀者には50BNBと公式での公開が予定されています。

⑤Binanceキャップを狙え!Binance応援プログラム開催
Binanceの活動を広めてもらうためのプログラムを開催しています。SNSに登録など比較的簡単な条件で1週間に2名、Binanceキャップがもらえます!まだ登録されていないかたは、キャップを狙ってみませんか~。


◆Binance labo スタートアップ促進プログラム開始
主にリスティング、融資、投資をつかさどる部署です。
スタートアップを促進させるため、50万ドルを上限にして融資を行いかつ、必要なリソースも提供します。また、資金提供、リソースだけでなく、周りの環境(宣伝、広報)もサポートすること言う事で、至れり尽くせりですね。10週間だけの期間限定プログラムとなっています。


◆エンジェルプロジェクト開催
天使の羽は、Binanceの新ロゴにも用いられています。エンジェルプロジェクトとは、公式アンバサダーではありませんが、コミュニティ内でBinanceの情報発信をしてくれるボランティアを募集するプロジェクトです。ボランティアなので今のところインセンティブが公表されていませんが…何かあれば参加者も増えるのではないでしょうか。


◆ミュージシャンコンペ開催
バイナンスに対する愛を、熱意を歌にして欲しい!バイナンスミュージシャンコンペが開催されています。ジャンルはなんでもいいようで、上位3名には300BNB、4位~10位までには100BNBが付与されるとのこと。これは楽しみですね。ちなみに過去にはこんな動画もありました。登録方法、入出金方法をラップ?にのせる感じ…嫌いじゃないですww



④今回のCEO CZ

目立った発言をアップします。

Binanceの取引量とその他取引所の取引量を比較していますね。相関しているところと、そうでないところ。これは興味深いと言っています。


BTCとLTCの投げ銭を求める路上パフォーマーを見て一言。「彼にBNBを進めなければ。」
CZのジョークも面白いですが、このツイートのコメントがさらに面白いです。
けしからんいたずらです。


いわゆる「大企業も、始まりはガレージだった」という画像ですね。ただ、Binanceは1年そこらで取引所の頂点に立っているわけですから、ガレージではないですね。ただ、CZは気に入っています。


ちょっと注目ツイートです。新アフィリプログラムを導入する予定だということです。時期はまだ明かせないが待っていてくれという事ですね~。また、取引高がない取引所は、セキュリティも弱く、ユーザーへの報酬もカットされ気味だ⇒だから、利益を得たいのであれば、取引高がきちんとある大きい取引所で取引をすべきではないか?ということを伝えていますね。


今回もボリューム満載のBinanceとなりました。通貨の上場自体は控え気味ですが、ロシア、アフリカなど世界各地への展開が目立ちます。取引マイニングなしでも取引量上位に君臨する理由がわかりますね。CoinExも取引マイニングがなくなるころまでには、このくらい大きくなれるよう頑張っていかなければなりませんね~。

Binanceに追いついて欲しい、CoinEx。

CoinExはこちらから登録できます